実際のハチ駆除動画情報はこちら

泉南市蜂の巣駆除動画

アシナガバチ駆除動画/泉南市



2016年10月23日(日)

今回蜂の巣駆除を実施したのは
大阪府泉南市のとある店舗様。

ハチの種類はアシナガバチ。

駆除実施時期は少し肌寒く
感じる10月。

アシナガバチに関しましては
10月頃になると巣の内部の
ハチたちはほぼ全て羽化している
状況でして,巣から全てのハチ
あるいは一部のハチが飛び立ち
一時的に軒下などに集団で群がる
といった事案が発生する季節に
なります。

ですので10月,11月頃にご自宅の
軒下や外壁などに集団で群がっている
ハチがおれば,それは巣から飛び立った
アシナガバチたちである可能性が
高いということです。

ということは近辺にてアシナガバチが
巣作りしていたアシナガバチの巣が
存在する可能性が高いということに
なります。

それらのアシナガバチたちはそちらで
新たに巣作りを開始しようとしている
わけではなく,一時的に群がりやがて
何処かへ再度飛び立っていくことも
ございます。

ですがかなりの長期間そちらに居座り
巣代わりにそちらで生活することも
あるのです。

群がりの箇所がもしも玄関先のすぐ側の
天井などでしたら玄関への出入りをする
度にアシナガバチがブンブンお出迎えする
という少し恐ろしい事態になることも
あるのです。

毎年10月,11月頃にはアシナガバチの
そういった事案が地域関係なく発生
しており,そのアシナガバチの群生の
退治を実施させて頂いております。

泉南市内でも山間部,都市部に限らず
アシナガバチは数多く生息しています。

そしてアシナガバチに関しましては
スズメバチに比べますと比較的
大人しいハチなのですが,何か
きっかけがあれば,すぐに刺してくる
蜂でもあります。

毒性はスズメバチに比べますと
弱いのですが,刺されるとかなり
痛みの激しいものです。

例えアシナガバチであっても人に
よっては症状が悪化することも
ございますので,もしも刺されて
しまった場合はすぐに病院にて
治療を受けて頂くようお願い致します。

過去に一度蜂に刺されてしまったことの
ある方は二度目に刺されてしまうと
個人差がありますが,アナフィラキシー
ショックという症状が発症する恐れも
十分ございますので特に注意が
必要でございます。

泉南市内でも毎年刺されてしまう方が
おられるのが現状です。

蜂の巣を発見した際はハチの種類を
問わず,不用意に近付かない。

万が一刺されてしまった場合は
すぐに病院で治療してもらう。

これらの事が重要です。

やはり毎年アシナガバチなので
大丈夫だろうと御自身でアシナガバチ
退治及び巣の駆除を実施する方も
おられるのですが,刺されてしまう
危険性はもちろんのこと,完全な
ハチ駆除が出来ていなければ
後々様々な弊害が発生してしまう
こともございますので少しでも
駆除の際,迷いが発生した場合は
無理せず我々のような蜂駆除専門業者
に御相談頂けたらと思います。

今回のアシナガバチは全ての蜂が
まだ巣を飛び立たず巣に留まっている
状況でした。

アシナガバチといえども蜂の総数は
なんと100匹以上。

店舗の屋上へ通じる梯子の真裏部分に
巣作りされていて,屋上の設備の点検が
出来ないでいる状況だったのです。

幸いどなたも刺されるといったことは
ございませんでしたが,点検に支障が
出てしまっている状況でしたので
アシナガバチ駆除の実施となりました。

そんな泉南市内のアシナガバチ駆除の
全容を一部動画にて御紹介させて頂き
ますので下記よりどうぞご覧ください。







お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ