実際のハチ駆除レポートはこちら

和泉市蜂駆除レポート

ハチ駆除レポート/和泉市2019年5月



5月3日(金)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府和泉市在住の女性。

御自宅二階ベランダの窓サッシ上部に
ハチに巣作りされているのを洗濯物を
干している際に発見なさった!

ということでした。

そちらの営巣箇所というのが
洗濯物を干している際にはちょうど
目の高さに位置しており、ふとそちらに
目を向けたところ、なんと蜂の巣があり
ハチの姿があったため、かなり
驚かれたようです。

そんな蜂の巣を発見してしまったので
洗濯物を干すことが出来なくなって
しまったのでした。

ハチの種類は詳しくヒアリングさせて
頂いた結果、アシナガバチ。

巣の大きさはこの時期の平均サイズ
である直径5cm未満。

そして巣には一匹のみのアシナガバチ。

この一匹のアシナガバチというのが
巣の主である女王蜂になります。

昨年に周辺にて巣作りされていた
アシナガバチの巣より最終的に
新女王蜂が誕生しそれらが周辺にて
冬眠越冬し、今年の春先に冬眠から
目覚め新たに巣作りを行っている
というわけです。

ですので今の時期というのは
まだ女王蜂が一匹のみで巣作りを
行っている段階なので巣の大きさは
初期サイズで危険性も最も低い
時期になります。

これがあと一月も経過すれば
巣の内部の幼虫たちが次々と羽化し
働き蜂が誕生してくるようになるのです。

そうなると皆で協力して巣作り及び
子育てを行うことになるのでそれだけ
巣は一気に巨大化していき、そして
ハチの数も瞬く間に増加していく
というわけです。

ですのでアシナガバチやスズメバチ
の場合はこの春先の時期に蜂の巣を
発見し早期に駆除出来るかによって
危険性は大きく左右されるのです。

今回のお客様も営巣箇所は少し
死角となっている箇所でしたが
まだこの時期に巣を発見出来て
不幸中の幸いだったということです。

洗濯物が干せなくなってしまったので
迅速に駆除にお伺い。

現場にてベランダの状況を確認
しますと、やはりアシナガバチ。

少し死角となる箇所の窓サッシ上部
シャッター雨戸収納部横辺りに
巣作りされておりました。

アシナガバチ駆除ベランダ

巣の大きさは直径5cm未満。

想定通り巣には女王蜂が一匹のみ。

現時点では女王蜂が巣にいる状況
なのですが、この時期は女王蜂が
一匹のみで巣作り及び子育てを行って
おりますので頻繁に出掛け巣を留守に
することがあるのです。

その留守中に巣を駆除しただけでは
完全な駆除は出来ておらず、必ずその
女王蜂は戻ってきて巣が無くなって
いたとしても、すぐに同一箇所又は
近辺に巣作りを開始してしまうので
必ず女王蜂が巣にいる段階で駆除
することが重要になります。

今回はタイミングよく巣に女王蜂が
おりますので駆除実施。

アシナガバチの巣駆除ベランダ

慎重に最接近し薬剤散布で巣にいる
アシナガバチを駆除。

そして巣も跡形なく完全に除去。

これでこちらの巣に関しては完全に
駆除完了出来たということになります。

巣の内部を確認しますと卵が産み付け
られており、まだ全てが幼虫には
孵化していない状況。

アシナガバチの巣内部

あと一月も経過すればこれらの卵から
孵化した幼虫たちが続々と羽化し
働き蜂が誕生するというわけです。

最終的に御自宅全域その他の箇所も
調査させて頂き、現時点では巣作り
されていないことを確認出来ました
ので全てのアシナガバチ駆除作業の
完了となりました。

今回のアシナガバチの巣に関しては
問題無いのですが周辺が活発な
アシナガバチの活動地域となっている
ことは間違いないので、今後も定期的に
全域の点検を行って頂くことが重要です。

そして巣作りされてしまったとしても
今回のように早期に発見し早期に駆除
することが重要でございます。





和泉市内ハチの巣駆除レポート

お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ