実際のハチ駆除レポートはこちら

交野市蜂駆除具体例

ハチ駆除レポート/交野市



2021年5月23日(日)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府交野市在住の女性。

御自宅一階窓に設置されている
すだれ部分に蜂の巣があるのを
発見してしまった!

ということでご連絡頂きました。

ハチの種類はスズメバチ。

スズメバチの巣と言っても
よく想像する形状の真ん丸の
蜂の巣ではなく,少し変わった
形状をしているということ。

それは真ん丸の巣から先端が
筒状に伸びているトックリなどを
逆さにしたような形状なのです。

一見しただけではスズメバチの巣とは
判断しにくい物体になります。

これは紛れもなくスズメバチの巣で
中でもコガタスズメバチの巣になり
コガタスズメバチの巣に関しては
5月から6月頃にかけての時期で
初期の段階では上記のような
特徴的な巣の形状なのです。

この段階の状況ではまだ巣の
内部からは働き蜂は一匹も誕生
していないので巣に対して女王蜂が
一匹のみの状況になります。

そして時が経過しあとひと月も経てば
巣の内部から幼虫が次々と羽化し
働き蜂が増加してくるのです。

そうなった段階で通常であれば
筒状部分は無くなり真ん丸の
スズメバチの巣へと変化していく
というわけです。

真ん丸のスズメバチの巣へと
変化している状況ではハチの数も
増加しており危険性は高くなるので
出来る限りこの時期の初期の段階で
巣を発見しておき駆除出来れば
それだけ危険性を最小限に抑える
ことが出来るということです。

今回のお客様はそんな蜂の巣を発見
出来たきっかけというのが近辺の
雑草などの草刈りを行っていた
時のことだったのです。

該当箇所付近に接近した際
突然物凄い羽音が響き渡ったのです!

何事かと思ったら一匹の大きな
ハチが姿を現した!

突然の事に驚いたのですがしばらく
ハチの行方を追っていたところ
そのハチは該当のすだれ部分辺りへ!

まさかと思ったらそちらにあった
奇妙な物体の内部へ侵入して
いったのでした。

ですので蜂の巣と判断出来たのです。

今回は幸い刺されることは無かった
のですが巣作りされていることに
気付かずに巣に最接近してしまい
一気に襲われ刺されてしまうという
事態が毎年数多く発生していますので
十分注意が必要です。

草刈りを再開して頂くためにも
早急に駆除にお伺い。

該当箇所を確認しますとそこは
雑草などが妨げとなり少し死角と
なってしまっている状況でした。

コガタスズメバチ駆除すだれ

窓に設置されているすだれ部分に
こびりつける形で巣作り。

やはりコガタスズメバチの巣。

独特な形状の初期の巣。

状況が把握出来ましたので
早速駆除実施。

慎重に巣に最接近し一気に巣の
内部に薬剤注入!

コガタスズメバチの巣駆除すだれ

すると,タイミングよく内部に
一匹のスズメバチが存在。

逃さず退治出来たところで
巣も跡形なく完全に除去。

この時期は女王蜂自ら餌を捕獲しに
などで頻繁に出掛け巣を留守に
するのですが,その留守中に巣のみを
撤去したとしても,それは完全な駆除は
出来ておりませんのでハチと巣を
セットで駆除しておくことが
この時期は特に重要になります。

巣の内部を確認しますとやはり
数匹が幼虫に孵化している程度で
まだこちらの巣からは一匹もハチが
誕生していないということです。

コガタスズメバチの巣内部

これでこちらの巣に関しては
完全に駆除完了。

念のため敷地内その他の箇所も
細部まで全て調査実施。

結果,他では巣作りされていない
ことを確認出来ましたので全ての
スズメバチ駆除作業の完了。

これで安心して草刈りを再開して
頂くことが出来そうです。

今回はすだれ部分に巣作りされて
おりましたがコガタスズメバチに
関しては生い茂った雑草内部や
植木,植え込み内部などにもかなりの
確率で営巣し,そういった箇所に
巣作りされてしまうとなかなか
発見が困難なこともあるので
植木の剪定や草刈りを行う際は
事前に内部にハチが出入りして
いないかどうかをよく確認した
上で実施して頂く様お願い致します。





2020年8月2日(日)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府交野市在住の男性。

御自宅二階ベランダの雨避け屋根
部分にハチに巣作りされているのを
発見したということでハチの種類は
スズメバチ。

巣の大きさは直径15cm程。

ほんの2、3週間程前まではそんな
蜂の巣は無かったはず。

突然立派なスズメバチの巣が
出来上がったのです!

このようなケースもこの時期は
よくある事でそれはスズメバチの
中でもキイロスズメバチに関して
よく発生する事態なのです。

前日まではいつも通りの平穏な
ベランダだったのに,翌日には突然
多数のスズメバチが飛び回り
ベランダにて巣作りを一気に行う
という事態です。

それは元々別箇所にて巣作りして
いたのが多数の働き蜂が誕生した
段階で集団で引っ越しするという
ことがキイロスズメバチに関して
よく発生するのです。

その際はやはり集団で一気に巣作りを
行うことになるのであっという間に
立派なスズメバチの巣が出来上がります。

そして単なる引っ越しの他,別箇所にて
巣作りしている巣はそのままで新たに
近辺に巣作りを行うということも
キイロスズメバチに関してはよく発生
する事態なのです。

住宅の屋根裏内に春先から巣作りを始め
そしてかなり巣が巨大化してくる
この時期に例えば同住宅の軒下に
新たに巣作りを開始したり,ご近所の
軒下に巣作りを開始したりするのです。

そういった習性があるのでキイロに
関しては凶暴性などの他,かなり厄介な
スズメバチと言えるでしょう。

今回も恐らく単なる引っ越しか,あるいは
近辺に大元の巣があり,そちらを拠点に
今回のベランダにて新たに巣作りを開始
している可能性が考えられるでしょう。

ですので御自宅敷地内の調査も重要に
なりそうです。

早急に駆除にお伺い。

現場にて詳しく状況をお聴きしたところ
どうやら前日にお客様ご自身で殺虫剤を
噴射したとのこと。

その際,駆除出来ているハチもおれば
ほとんどが飛び去ってしまったのでした。

今回のように御自身で駆除なさる方も
おられるのですが,完全に駆除出来て
いなければ後々様々な弊害が発生して
しまうこともあるので,御自身で駆除
なさる際は必ず完全に全てのハチを
駆除するつもりで実施して頂くことが
重要になります。

ベランダの状況を確認しますと
やはり駆除しきれていなかった
スズメバチたちがベランダへやって来る
など通常の動きでは無い様子。

それらはかなり警戒状態。

この状態ではハチの動向調査も全く
出来なくなるので状況を把握することが
困難になってしまうのです。

とりあえず巣の駆除から。

ベランダの雨避け屋根部分にこびり
つける形で巣作りされており,巣の
大きさは直径15㎝程。

キイロスズメバチ駆除雨避け屋根

ほんの一週間以内に完成したこと
でしょう。

内部で通常通りの生活を行っている
スズメバチがいる可能性もあるので
慎重に巣に最接近。

キイロスズメバチの巣駆除雨避け

内部に薬剤注入。

すると手応えは無し。

全てのスズメバチたちが
飛び去ってしまっている様子。

仕方がないので巣は完全に除去。

そして巣の内部を確認しますと
やはり上記の状況で間違いなく
こちらの巣からはまだ一匹もハチは
誕生していなかったのです。

キイロスズメバチの巣内部

ここからは生き残りのスズメバチが
ベランダへやって来ればその都度
捕獲し駆除実施。

そして念のため敷地内全域の調査。

結果,お客様宅では他では巣作り
ハチの出入りが無いことを確認。

もしも関連性のある巣が存在する場合
近辺の何処かに巣作りされている
ことでしょう。

仕方がないので最終的にベランダに
飛来してくるスズメバチたちを
出来る限り捕獲駆除し,ほぼ退治出来た
ところで全てのスズメバチ駆除作業の
完了となりました。

今回のようにある日突然御自宅敷地内
にてキイロスズメバチの巣が出来上がる
という事態が地域によってはよく発生
する事態なので十分ご注意頂く様
お願い致します。

その際は巣は一気に巨大化していき
ますので異変に気付いた時点ですぐに
駆除をご検討頂くことが重要です。





お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ