実際のハチ駆除レポートはこちら

河内長野市蜂駆除現場レポート

ハチ駆除レポート/河内長野市



2022年8月15日(月)

駆除の御依頼を頂きましたのは
とある霊園様。

敷地内の墓地一画に設置されて
いる休憩スペースにてハチに巣作り
されているのを発見した!

ということで緊急のご連絡を
頂きました。

休憩スペース頭上の雨避け屋根
部分に巣作りされているという
ことでハチの種類はスズメバチ。

巣の大きさは直径20cm前後。

頻繁に巣へハチが出入りしており
周辺でもハチが旋回しているので
そちらの休憩スペースはもちろん
使用禁止となることに。

つい最近にそんな状況にお気付きに
なられたということでほんの一月程
前まではそんな蜂の巣は存在
しなかったはず・・・

ですのでそんな状況にかなり
驚かれたのでした。

ちょうどお盆の時期になるため
そちら周辺でもお墓参りに来られる
方々が数多くおられる状態なので
それらの方々に万が一の事態が
発生してしまうと大変なので早急に
対処する必要があったのです。

つい最近に立派なスズメバチの
巣が出来上がった・・・

恐らくハチの種類はスズメバチの
中でもキイロスズメバチ。

キイロスズメバチに関しては
ある時急に集団でやって来て一気に
巣を作り上げていくという事態が
よく発生するのです。

その際はどの種類のハチよりも
最速で一週間もあれば立派な
真ん丸の巣が完成します。

ですのでキイロスズメバチに
関しましては一日でも早く駆除
しておく必要があると言っても
過言ではございません。

更にはキイロスズメバチはハチの
中でもかなり凶暴なタイプで
すぐに威嚇,刺してくるハチなので
最も危険なハチと言えるでしょう。

そして最も巣を巨大化していき
ハチの総数も桁違いに増加していく
スズメバチなので恐ろしいハチです。

キイロスズメバチに関しては
生息域は限定されますがそんな
地域にお住まいの場合は春先から
定期的に御自宅敷地内全域の
点検を行っておくことが重要です。

参拝者の方々にかなり影響が
出てしまっている状況なので
早急に駆除にお伺い。

現場にて該当の休憩スペースに
近付くにつれ,すぐにそれと判断!

辺りではハチがブンブン!

休憩スペース周辺がとんでもない
状況に陥っていたのです!

やはりキイロスズメバチ!

休憩スペース頭上の屋根部分に
こびりつける形で巣作りされており
巣の大きさは直径20cm程。

キイロスズメバチ駆除霊園

かなり頻繁に巣へハチが出入り!

安全確保の上,駆除実施。

慎重に巣に最接近。

キイロスズメバチの巣駆除霊園

一気に内部に薬剤注入し現時点で
内部にいるスズメバチたちを
即効で全て駆除。

そして巣も跡形なく完全に除去。

キイロスズメバチの巣完全撤去

ここからは巣に戻ってくる多数の
戻りバチたちを地道に捕獲退治。

巣の内部を確認しますと想定通り
ほんの数週間前にこちらへやって来て
一気に巣作りを行っていたという
ことで間違いなし。

キイロスズメバチの巣内部

やはりキイロスズメバチは
とんでもないスズメバチ!

もっと発見が遅れておれば更に
とんでもない状況に陥っていた
ことでしょう。

最終的にほぼ戻りバチを退治
出来たところでスズメバチ駆除
作業の完了。

その頃にはいつもの平穏を
取り戻しておりました。

これで安心してお墓参りを行って
頂くことが出来そうです。

今回のようにキイロスズメバチは
いつ何時敷地内にやって来て
すぐに巨大化させていくか
分かりませんので定期的に全域の
点検を行っておくことが重要です。

そしてもしも巣作りされているのを
発見なさった際はその時点ですぐに
駆除を実施しておくことが重要です。





2022年5月23日(月)

調査駆除の御依頼を頂きました
のは,とある建設会社様。

最近になり敷地内にてハチの姿を
頻繁に見かけるため,何処かに
巣作りされているかもしれない!

ということでご連絡頂きました。

実は過去にも敷地内にてよくハチに
巣作りされていたのです。

ハチの種類はスズメバチの時も
あれば,アシナガバチの時もあった。

今回見かけたハチは恐らく
アシナガバチの可能性。

過去には巣作りされているのを
発見なさった際,既に巣は巨大化し
そしてハチもブンブン状態だったため
従業員の方々にかなり影響が出て
しまっていた状況だったのです。

ですのでそれ以降は早め早めに
出来る限り敷地内の点検を行う
ようになさっていたのです。

今回のようにハチの種類が
アシナガバチであれば特に毎年の
ように敷地内にて巣作りされて
しまうという事態がよく発生します。

それは一般家庭の敷地内でもよく
発生する事態なので4月から5月の
この時期から定期的に全域の点検を
行っておくことが重要です。

この時期というのはアシナガバチに
関してもスズメバチに関しても
新たに女王蜂が巣作りを開始したて
となるので巣は初期サイズでハチの
総数も巣に対して女王蜂一匹のみの
状況となり,危険性を最小限に
抑えることが出来るからです。

もしも発見が遅れ7月や8月頃に
なってしまうとかなり巣は巨大化し
ハチの総数もかなり増加しているので
危険性が高くなってしまうのは
もちろんのこと,巣作りされてしまった
箇所によってはご近所の方々にも
影響が及んでしまうことになるので
注意が必要です。

何処に巣作りされているか分からない
状況なので調査にお伺い。

現場にてまずはハチの動向調査。

しばらく調査しますと頭上にて
一匹のハチの姿!

それはアシナガバチでしたが
敷地内を通り過ぎ別箇所へ。

やはり周辺にて巣作りを行って
いるということです。

ここからは一ヶ所ずつ細部まで
徹底的に調査開始。

アシナガバチに関して重要な
ポイントであるエアコン室外機や
窓サッシ下部や軒下などなど。

現時点では問題なし。

そして次に敷地内に点在している
資材の部分なども。

すると・・・

死角となる資材の裏側には
アシナガバチの巣!

過去に巣作りされていたもの
でしたが,やはり気付かぬ所で
標的となっていた様子。

各箇所には薬剤散布し残留処理。

しかし現時点では敷地内にて
アシナガバチの営巣の確認はなし。

全ての作業を終了しようとした時!

頭上にて一匹の大きなハチの姿!

それはスズメバチ!

動向を調査したところ,なんと
資材が積み重ねられていた
箇所へと侵入!

そこは地上からは死角になっている
ため,目視出来ない箇所。

コガタスズメバチ駆除初期

動向から判断し営巣確定。

スズメバチに関してもまだ巣は
初期サイズになり巣に対してハチの
総数は一匹のみの状況。

駆除実施で慎重に該当箇所へ接近。

するとそれはスズメバチの巣!

フェンス部分にぶら下げる形で
巣作りされており,一風変わった
巣の形状。

コガタスズメバチの巣駆除初期

それはこの時期特有の独特な形状に
なり,トックリや一輪挿しの花瓶を
逆さにしたような形状になります。

こちらはスズメバチの中でも
コガタスズメバチの巣になります。

コガタスズメバチに関しては
女王蜂一匹のみのこの時期は
上記のような形状をしており
そして時が経過し,働き蜂が誕生
してくると真ん丸の巣へと変化
していくのです。

ですのでこの時期に敷地内にて
上記のような物体を発見した
際はそれはスズメバチの巣なので
駆除を実施しておくことが
重要になります。

先程巣に戻ってくる姿を確認
出来ましたので駆除実施で
巣の内部に薬剤注入!

即効でスズメバチ駆除後
巣も跡形なく完全に除去。

これで完全に駆除完了。

巣の内部を確認しますとやはり
まだ数匹が幼虫に孵化している
程度で働き蜂は一匹も誕生
していない状況。

コガタスズメバチの巣内部

あとひと月も経過していれば
働き蜂が多数羽化し,かなり
出入りしていたことでしょう。

これにてハチ駆除作業の完了。

しかし今年もハチのシーズンは
これからとなりますので引き続き
定期的に点検を行って頂く
必要がありそうです。

今回はアシナガバチには巣作り
されておりませんでしたが
過去に巣作りされたことのある
ご家庭は特に敷地内全域の点検を
この時期から行っておくことが
重要になります。





2019年6月8日(土)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府河内長野市在住の女性。

それは突然の出来事だったのです。

異変にお気付きになられたのは
お客様という訳ではなく、お隣様。

お客様宅裏手のお庭に植えられている
植木部分にて突然大群のハチたちが
飛び回り出し、そして枝部分に物凄い
数のハチが群がっているという
ことだったのです!

前日までは全くそういった状況では
無かったのに翌日にはそんな恐ろしい
状況に陥ってしまったのでした。

周辺ではハチがブンブンと飛び回り
お隣様も洗濯物を干せない状況!

そんな状況に陥ることが所構わず
突然発生することがあるのです。

ハチの正体はミツバチ。

ミツバチのケースでは特殊な習性があり
春先頃からこの時期にかけて元々
巣作りされていた箇所から約半数程の
数千匹クラスのミツバチたちが新たな
巣作り箇所を求め、一斉に大移動を
開始するのです。

そして巣作り確定箇所を発見出来る
までの間、所構わず数千匹のミツバチ
たちが群がり待機することがあるのです。

それは今回のケースのように植木の
枝部分であったり、玄関先の軒下
であったりと本当に所構わずになります。

ミツバチに関しましては貴重な存在
なのでもしもそんな待機場所が人間の
迷惑にならない箇所であればそっと
見守ってあげるべきなのですが
どうしても今回のように住宅敷地内
などであればご近所様をも巻き込んで
の一大事となってしまうので、駆除
対象となります。

ですがこの待機というのは巣作り箇所が
発見出来次第、すぐに再度そちらへ
大移動を開始し跡形なく完全に消え去り
ますのでそれ程影響の無い箇所であれば
少し待ってあげるのも良いでしょう。

早くて当日中には消え去るのですが
長引けば数日あるいは数週間に渡る
こともあるのでその辺の判断は
少し難しくなります。

やはりミツバチの場合は他のハチと
比べ時期関係無く、ハチの総数が
桁違いに多いのでもしも御自宅敷地内
などが待機場所となってしまえば
かなり恐ろしいと感じることでしょう。

今回もそんな状況に陥っていたのです。

お隣様にもかなり影響が出てしまって
いる状況ですので迅速に御対応。

現場にて該当の裏手を確認しますと
すぐにそれと判断!

植木周辺にてハチがブンブン状態!

やはりミツバチ。

ミツバチ分蜂駆除植木

どちらかと言うとお客様宅よりも
お隣様敷地内のベランダの方が
かなり影響が出てしまっている
状況でした。

植木を確認しますと枝部分に大群の
ミツバチたち。

ミツバチの総数は軽く4000匹以上!

ミツバチ分蜂駆除植木

相当数です!

やはり今回はミツバチの習性である
分蜂による待機で間違いなし。

まれに待機と思っていたらその場に
巣作りを開始していたということも
ありますが、今回はそうではない様子。

申し訳ないのですが駆除実施。

慎重に最接近!

そして一気に全てのミツバチを駆除。

ハチの総数が桁違いなので少し
難儀ですがなんとか全て駆除。

ミツバチ完全駆除

そして植木内部にはまんべんなく
薬剤散布し残留処理。

ここからはこちらへ戻ってくる
ミツバチたちを地道に退治。

それと並行して御自宅全域の調査も
念のため実施。

ミツバチの新たな巣作り箇所というのが
実は待機場所からほぼ離れておらず
同一敷地内であることもあるためです。

過去には玄関先にて待機しており
調査の結果、同一敷地内の床下にて
巣作りを開始していたということも
実際にあったのです。

細部まで調査させて頂いた結果
今回はお客様宅では巣作りされて
いないことを確認出来ました。

最終的にしばらく再度戻ってくる
ミツバチたちを駆除しほぼ退治出来た
ところでミツバチ分蜂駆除の完了。

これでようやくいつも通りの平穏を
取り戻すことが出来ました。

今回のケースのようにミツバチの
待機はこの季節いつ何時何処に発生
するか分かりませんので少し要注意
となります。

ですがもしも人間の迷惑にならない
箇所にて待機しているようであれば
そっと見守ってあげるようにしましょう。





河内長野市内ハチの巣駆除レポート

お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ