実際のハチ駆除レポートはこちら

ハチ駆除レポート河内長野市

ハチ駆除レポート/河内長野市2018年



5月18日(金)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府河内長野市在住の女性。

御自宅二階ベランダの雨避け屋根
部分にハチに巣作りされているのを
洗濯物を干している際に発見なさった
ということでした。

蜂の種類はスズメバチ。

スズメバチの巣といっても
皆さんがご想像されるような
茶色で真ん丸の蜂の巣ではなく
まだ外皮が完全に形成されておらず
内部の巣が丸見え状態の巣になります。

時期的にスズメバチに関しては
新たに女王蜂が巣作りを開始している
時期になりますので、まだ真ん丸の
巣までは成長しておりません。

そして巣の内部の幼虫たちはほぼ
羽化していない状況ですので
巣に対して女王蜂が一匹のみの
状況ということになります。

今回の蜂の種類はコガタスズメバチ
でして、この蜂の巣は初期の段階では
独特な形状をしており、一輪挿しの
花瓶を逆さにしたような形状
あるいはとっくりを逆さにしたような
形状をしております。

ですので今回はまだそこまでも
成長しておらず、初期の初期の
段階ということが言えるのです。

恐らくもう少し時が経過していれば
そのような物体に成長していた
ことでしょう。

それは一見蜂の巣とは判断しづらい
物なので分からないままそのまま
放置していたという方も過去には
おられました。

そして大きなスズメバチが飛んできた
と思ったら、そちらの物体内部に
侵入したのでそこで初めてスズメバチ
の巣であると判断出来るのです。

もしもこの時期にそのような物体が
御自宅の何処かにございましたら
それはコガタスズメバチの巣ですので
不用意に払い落としてしまうような
ことの無いようご注意願います。

洗濯物を取り入れるのにも支障が
出てしまっているので迅速にご対応。

該当のベランダを確認しますと
それはやはりコガタスズメバチの巣。

初期の初期の段階で外皮が上部のみ
出来上がっている状況。

コガタスズメバチ駆除ベランダ

巣には一匹のスズメバチの姿。

こちらがこの巣の主である
女王蜂になります。

コガタスズメバチの巣駆除ベランダ

この時期というのは女王蜂が一匹
のみで巣作りや子育てを行って
いますので、頻繁に巣を留守に
するのですが、その留守中に巣を
駆除しただけでは完全な駆除は
出来ておりません。

その女王蜂は必ずこちらへ戻ってきて
巣が無いことに一瞬は戸惑いますが
すぐに同一箇所又は近辺に新たに
巣作りを開始してしまうので必ず
巣と共に女王蜂を退治しておく
ことが必要になります。

現時点がそのタイミングですので
申し訳ないのですが薬剤散布で
女王蜂退治し、巣も跡形なく除去。

巣の内部を確認しますとまだ
全てが卵状態で一匹も孵化して
おりませんでした。

コガタスズメバチの巣内部

これでこちらのコガタスズメバチの巣
に関しては完全に駆除完了です。

最終的にその他の箇所全域の
調査も実施しますと・・・

なんと同ベランダの別箇所にも
初期のコガタスズメバチの巣。

コガタスズメバチの巣過去

こちらは去年以前に巣作りされて
いたものでしたが、どうやら以前から
標的となっていたようです。

そして別箇所のベランダには
アシナガバチによって巣作り
されており、そのベランダには
以前に巣作りされていた巨大な
アシナガバチの巣も確認!

アシナガバチの巣駆除ベランダ

そして一階のベランダ頭上屋根部分
にもアシナガバチの巣!

お客様宅がコガタスズメバチのみ
ではなく、アシナガバチにも多数
巣作りされていたのです。

どうやら周辺一帯がアシナガバチの
活発な活動地域にもなっている様子。

コガタスズメバチに関しては
それほどしつこく頻繁に巣作り
されるということはほぼ無いのですが
アシナガバチに関しては毎年のように
頻繁に巣作りされるということが
ほとんどですので、毎年この時期の
初期の段階で駆除しておき、定期的に
予防策を地道に講じていくことが
必要になります。

その他の箇所も調査、薬剤による
残留処理を実施させて頂き、全ての
蜂駆除作業の完了となりました。

6月以降になってしまうと、かなり
働き蜂たちも羽化している状況で
それに合わせて巣もあっという間に
大きくなっていってしまいますので
出来る限りこの時期に御自宅全域の
点検を行って頂き、巣作りされて
しまったとしても早期に発見し早期に
駆除して頂き、少しでも危険性を
低く抑えておくことが重要です。





お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ