実際のハチ駆除レポートはこちら

蜂の巣駆除具体例守口市

ハチ駆除レポート/守口市



2022年5月25日(水)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府守口市在住の女性。

つい最近ベランダにて洗濯物を干して
いる際,頭上にてハチの姿を目撃し
なんとそのハチは少し死角となって
いる雨避け屋根部分へ!

たまたまかと思っていましたが
恐る恐るそちらを確認してみたところ
なんとそこには蜂の巣があったので
かなり驚かれたのでした。

ハチに巣作りされてしまうなんて
初めての経験なのですぐに駆除を
御決断し,弊社にご連絡頂いた
のでした。

ハチの種類は詳しくお聴きした
結果,アシナガバチ。

巣の大きさは直径5㎝未満。

巣には一匹のハチの姿。

今回蜂の巣を発見し,かなり驚かれた
ようですが,まだこの時期に早期に
発見出来て良かったのです。

巣の内部には幼虫が存在しており
一部はサナギになっているものも
いるのですが,まだ全てが羽化
していない状況なので働き蜂が
誕生しておらず,巣に対してハチの
総数が女王蜂一匹のみとなるので
それだけ危険性が最小限に
抑えられるからです。

これがもしもあと数週間以上発見が
遅れてしまっていたら例外を除き
巣の内部より多数の働き蜂が羽化
している状況となるのでそれだけ
危険性が高くなってしまうのです。

そして働き蜂が多数誕生してしまうと
それだけ大勢で巣作り及び子育てを
行うことになるので巣はあっという間に
巨大化してしまうこととなります。

そうなってしまうと営巣箇所によっては
かなり危険性が増してしまうのと共に
お隣様などご近所の方々にも影響が
及んでしまうことも多々なので
要注意となります。

ですので蜂の巣に関しては出来る限り
早期に発見し早期に駆除しておく
ことが重要になります。

今回のお客様宅の営巣箇所のように
意外と御自宅には死角部分が存在
するので敷地内にそんな死角箇所が
存在するかどうかの点検も行って
おくと良いでしょう。

洗濯物を干すのに支障が出てしまって
いる状況なので迅速にお伺い。

該当の二階ベランダを確認しますと
それは雨避け屋根部分に巣作り
されており,アシナガバチの巣。

アシナガバチ駆除雨避け屋根

そこは通常通りの生活をしている
だけでは全く発見が困難な箇所。

早期に発見出来て良かったものです。

巣は初期サイズで現時点では
ハチの姿はなし。

アシナガバチの巣駆除雨避け屋根

この時期というのは女王蜂一匹
のみで巣作り及び子育てを
行っておりますので恐らく
出掛けている状況のよう。

ですのでしばらく待機。

すると・・・

頭上に一匹のアシナガバチ!

来たっ!

と思ったらそれはなんと別箇所の
雨避け屋根部分へ!

そちらを確認したところ,なんと
同じくアシナガバチの巣!

アシナガバチ駆除雨避け屋根

別箇所にも巣作りされていたのです。

こちらは巣の大きさは先程の巣
よりも小さく,作り立ての巣。

とりあえずこちらから駆除!

アシナガバチの巣駆除雨避け屋根

即効でアシナガバチ駆除!

そして巣も跡形なく完全に除去。

巣の内部を確認しますと,こちらは
まだ幼虫もそれほど成長しておらず。

これでこちらの巣に関しては
完全に駆除完了。

先程の巣の女王蜂の帰りを待つと
同時に敷地内全域の調査も
細部まで実施。

結果,その他では現時点では巣作り
されておりませんでしたが
一階軒下などには過去に巣作り
されていた痕跡も確認。

お客様がお気付きになられなかった
だけで実はアシナガバチの標的と
なっていたことが判明。

そして再度ベランダへ。

しかし巣に戻ってくる気配はなし。

仕方がないので巣を完全に除去。

巣の内部を確認したところ,どうやら
こちらの巣は放置されてしまった様子。

位置的に判断し,先程駆除した女王蜂が
元々こちらに巣作りしていたのですが
何らかの理由で移動し新たに巣作り
されていたということが考えられ
そうです。

もしくはこちらの巣にも女王蜂が
存在したのですが,出掛けている
際などに事故に遭ってしまい命を
落としてしまったということも
考えられます。

このような事もよく発生することで
弱肉強食の世界ということです。

お客様には敷地内各箇所の注意点を
ご説明させて頂き,今後も定期的に
点検を行って頂く様お願い。

これで安心して洗濯物を干して
頂くことが出来そうです。

今回は早期に蜂の巣を発見出来たので
良かったのですが,そろそろ幼虫も
かなり成長しており,サナギ状態と
なってくる時期となりましたので
特に過去にアシナガバチに巣作り
されたことのあるご家庭は一度
敷地内全域の点検を行っておく
ことをおススメ致します。

そしてもしも巣作りされているのを
発見なさった際はその時点ですぐに
駆除を実施しておくことが重要です。





2020年7月30日(木)

駆除のご相談を頂きましたのは
とある不動産管理会社様。

管理されているハイツ物件にて
少し厄介な事態に陥っている
ということでございました。

それはつい最近に訪れた際に敷地内にて
やたらとハチが飛び回っていた!

ということで何処かにハチに巣作り
されているのではないか?

ということでご相談頂いたのでした。

恐らく近辺にて巣作りされている
可能性は考えられるのですが、もしも
何処かに巣作りしている場合、ハチが
ブンブンと飛び回るというわけではなく
定期的に巣と餌場を行き来する感じ
なのであまり敷地内にて所構わず
飛び回るということは考えられない
のです。

敷地内の至る箇所に巣作りされており
巣窟状態となっておればそのような
事態も発生するのですが、通常であれば
あまり考えにくいのです。

原因として考えられるのは近辺にて
巣作りしていた巣にて何らかの異常が
発生した可能性があるということです。

よくあるケースではアシナガバチの巣が
スズメバチに襲撃を受けてしまい
パニックとなったアシナガバチたちが
周辺にて飛び回るという事態です。

その際は至る所にて飛び回り、そして
至る箇所にて身を潜めたりします。

一度スズメバチに目をつけられた
アシナガバチの巣はほぼ壊滅状態と
なってしまうのです。

正に弱肉強食の世界です。

それ以外に考えられるのは人為的に
巣が払い落とされたなどです。

その際もハチを駆除出来ていなければ
周辺にてかなりハチが飛び回ってしまう
こととなるのでかなり厄介な事態に
陥ってしまいます。

お客様御自身で蜂の巣駆除をなさった
際などによく発生する事態なので
御自身で蜂の巣駆除を実施する場合は
必ず完全に駆除完了するつもりで
中途半端に終わることなく,万全の
態勢で実施することが重要です。

まずは調査という形でお伺い。

現場は大阪府守口市。

該当のハイツを確認したところ
現時点ではハチが飛び回っている
という状況は無し。

しばらくハチの動向調査。

すると・・・

一匹のハチの姿!

アシナガバチでした。

動向調査の結果,敷地内の植木部分へ!

巣作りしているのか!

確認したところ,そちらの植木枝部分に
多数のアシナガバチの姿。

これで原因がほぼ確定。

巣が無く,こちらで群がっている状況と
いうことは,やはり想定通り近辺の巣に
何らかの異常が発生し,巣を離れざるを得ず
植木の枝部分にて群がり生活していた
ということです。

とりあえず駆除実施で慎重に最接近。

アシナガバチ駆除群がり

一気に薬剤散布で全てのアシナガバチ
たちを駆除。

状況を詳しくお聴きした結果,数日前に
実は敷地内の植木の大規模な伐採
作業が実施されていたということ。

恐らくその伐採した植木のいずれかに
アシナガバチに巣作りされており
そちらのアシナガバチたちが行き場を
失い,周辺で飛び回り,そして別の植木
に群がっていたということで
間違いなさそう。

念のため,敷地内その他の箇所も
細部まで調査実施。

こういった緊急事態ではどこに
アシナガバチが潜んでいるか
分からないので調査は慎重になります。

その他の箇所では群がり等無し。

しかし・・・

駐輪場に駐車されている自転車。

なんとこちらにアシナガバチに
巣作りされていたのです!

アシナガバチ駆除自転車

こちらは恐らく先程の群がりの
アシナガバチとは無関係。

通常通りの生活を行っている様子。

こちらの自転車は長らく放置されて
いる自転車なので標的と
なりやすかったのです。

前かご内部に巣作りされており
握りこぶし大に成長!

アシナガバチの巣駆除自転車

こういった放置自転車というのも
アシナガバチの標的となりやすいので
注意が必要です。

慎重に巣に最接近し一気に薬剤散布で
全てのアシナガバチを駆除。

巣も跡形なく完全に除去。

その他の箇所も調査させて頂いた結果
他では問題無いことを確認。

最終的に巣に戻って来る戻りバチ
並びに周辺にて飛来している
アシナガバチたちを地道に退治し
ほぼ駆除出来たところで全ての
ハチ駆除作業の完了となりました。

今回は想定外の事態でアシナガバチが
行き場を失い,群がっているという
状況でしたが,それはその他の要因でも
発生することなので十分注意して頂く
必要がございます。

そしてもしも蜂の巣をご自身で駆除
なさる場合はそういった厄介な事態に
陥ってしまわぬ様十分ご注意頂く様
お願い致します。





守口市内ハチの巣駆除レポート

お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ