実際のハチ駆除レポートはこちら

寝屋川市蜂駆除現場レポート

ハチ駆除レポート/寝屋川市



2021年9月19日(日)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府寝屋川市在住の男性。

御自宅三階窓の雨戸戸袋内部に
ハチに巣作りされているかも
しれない!

ということでご連絡頂きました。

そちらの雨戸というのが
かなり長期間全く使用されて
いない状況で今回久々に戸袋
から雨戸を引き出したところ
突然なんと物凄い羽音!

正体はハチ!

そして一瞬のうちに目の前に
ハチが現れ,そして刺されて
しまったのでした。

幸いすぐに手当てなさったため
大事には至りませんでしたが
痛みが激しい・・・

そしてしばらく経過後
戸袋付近を確認したところ
そこには大群のハチが
群がっていたのです!

しかし蜂の巣は何処に
あるのか分からない!

とりあえず御自身で駆除!

戸袋付近に群がっている
大群のハチに向けて
一気に殺虫剤噴射!

すると辺りはブンブンと
ハチが飛び回り,かなり
大変な状況に!

ハチを全て完全に退治
出来ているのか
分からない状況。

その後お隣様からベランダにて
ハチが飛び回っており
出ることが出来ない!

と御指摘があったのです。

そして弊社に御連絡を頂いた
というわけです。

住宅街ということもあり
お隣様と建物が隣接している
状態なので影響が及びやすい
状況なのです。

このような事態もよく
発生することがあります。

住宅街などであればやはり
住宅通しが隣接しているため
ハチに巣作りされてしまった
場合,対象のお宅以外にも
近辺のお宅にも影響が出て
しまうのです。

そして今回のように
御自身で駆除なさった場合
完全に駆除出来ていなければ
更に影響が及んでしまう
こととなってしまうのです。

ですので御自身で蜂の巣駆除を
行う場合はそういったことも
考慮し完全に駆除するつもりで
万全の態勢で行って頂く
ことが重要になります。

ハチの種類は詳しくお聴きした
結果,アシナガバチ。

お隣様にも影響が出てしまって
いる状況なので早急に
調査駆除にお伺い。

該当の窓雨戸戸袋部分を確認。

アシナガバチ駆除戸袋

すると現時点では多数の
アシナガバチの姿は無し。

しかしやはりチラホラと
周辺ではアシナガバチが飛来。

これらは元々こちらに存在
していたハチで間違いなく
異常が発生したため,こちらに
戻れず右往左往している
ということです。

戸袋内部も慎重に調査実施。

すると・・・

どうやら戸袋奥に元々巣作り
していたことが判明。

奥にアシナガバチの巣!

アシナガバチの巣駆除戸袋

巣は直径10㎝程に成長。

現時点で巣には数匹の
アシナガバチの姿。

殺虫剤が届かなかったハチ
たちが巣にて生活。

雨戸部分を調査しますと
くっきりと巣の痕跡。

アシナガバチの巣痕跡

元々戸袋内部にてこちらの
雨戸にこびりつける形で
巣作りされていたのです。

そして雨戸を引き出した際に
巣が引きはがされ,戸袋奥に
落下し,驚いたアシナガバチ
たちが一気に飛び出し
戸袋部分にて群がっていた
ということです。

状況が把握出来ましたので
駆除実施。

まずは巣にいるアシナガバチ
たちを全て駆除。

そして巣も回収。

雨戸の巣の痕跡も完全に
跡形なく除去実施。

巣の内部を確認しますと
時期的に全てのハチが
羽化している状況。

アシナガバチの巣内部

ここからは周辺にて飛来
しているハチたちを出来る限り
捕獲駆除。

念のため敷地内全域その他の
箇所も調査し,他では巣作り
されていないことを確認。

周辺のハチの動向調査を実施
したところ,やはりお隣様宅の
外壁など所々に不自然に同種の
アシナガバチの姿!

恐らく駆除しきれていなかった
アシナガバチが場所を選ばず
潜んでいることは確かですが
それらは駆除困難になるので
目視確認出来たアシナガバチの
退治が出来たところで全ての
アシナガバチ駆除作業の完了。

今回のように蜂の巣に関しては
完全に駆除出来ていなければ
後々様々な弊害が発生して
しまうこともあるので御自身で
蜂の巣駆除を行う場合は
万全の態勢で完全に駆除実施
するつもりで行って頂く
ことが重要です。





2020年9月3日(木)

駆除の御依頼を頂きましたのは
50代の女性。

御自宅にハチに巣作りされてしまった
というわけではなく、現在事情により
ほぼ空き家状態となってしまっている
ご親族のお宅に巣作りされてしまった!

ということでございました。

ハチの種類はスズメバチ。

巣の大きさは直径20cm程に成長!

そんな蜂の巣を発見なさったのは
ご本人様ではなく、お隣様だったのです。

そちらの住宅地というのがかなり
隣接しているため、お隣様にもかなり
影響が出てしまっている状況だったのです。

営巣箇所というのが二階のベランダ
頭上の軒下部分。

ベランダもお隣様と隣接しているため
洗濯物を干すことにも支障が出て
しまっている状況!

そして自治体を通じてご本人様に
連絡が入ったということだったのです。

突然そんな連絡が入ったのでかなり
驚かれたのでした。

今回のようなケースもよくあることで
空き家状態となってしまっているお宅に
ハチに巣作りされてしまい,気付かぬ
うちに巣は巨大化,ハチの総数もかなり
増加してしまうこととなり,住宅街など
であればお隣様などご近所の方々に
かなり影響が出てしまうことに
なるのです。

そして最悪の場合は第三者の方が
ハチに刺されてしまい,大変な事態に
発展してしまうこともあるので
空き家物件の所有者の方は出来る限り
定期的に訪問し,全域の点検を行って
おくことが重要です。

お隣様に影響が出てしまっている
状況なので迅速に御対応。

現場は大阪府寝屋川市。

現場に到着するなりすぐにそれと
判断出来ました。

二階ベランダに巣作りされており
頻繁に巣へハチが行き来!

スズメバチの中でも種類は
コガタスズメバチ。

ベランダにて確認しますとそれは
軒下と壁面にこびりつける形で
巣作りされており,直径20㎝以上!

コガタスズメバチ駆除空き家

ハチの総数もかなり増加!

状況が把握出来ましたので駆除実施。

慎重に巣に最接近。

すると巣の出入り口がなんと二ヶ所。

コガタスズメバチの巣駆除空き家

これは元々出入りしていた出入り口を
別箇所に変更している真っ最中と
いうことです。

駆除実施となると少し厄介な状況。

タイミングが悪かったのです。

仕方がないので一気に薬剤注入で
全てのスズメバチたちをなんとか駆除。

頑丈にこびりついている巣も
跡形なく完全に除去。

スズメバチの巣完全除去

ここからはこちらへ戻って来る多数の
スズメバチたちを地道に駆除実施。

念のためベランダ全域には薬剤を
まんべんなく散布し残留処理。

巣の内部を確認しますとまだまだ
幼虫もサナギも多数で成虫だけでも
軽く100匹以上!

コガタスズメバチの巣内部

そろそろスズメバチに関しては
どの種類のハチでもまだまだ活発に
活動中で巣も巨大化,ハチの総数も
かなり増加してくる季節となりました。

スズメバチの巣を発見した際は
不用意に接近することなく,すぐに
駆除を実施しておくことが重要です。

そして今回のように空き家物件と
いうのはハチの標的となりやすく
巣作りされてしまうと,気付かれる
ことなく,巣は巨大化してしまい
ご近所の方々に影響が出てしまう
こととなるので十分注意が必要です。





2020年8月28日(金)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府寝屋川市在住の男性。

御自宅二階ベランダの少し死角と
なっている天井部分にハチに巣作り
されてしまった!

ということでご連絡頂きました。

ハチの種類は詳しくお聴きした結果
アシナガバチで間違いなし。

巣の大きさは握りこぶし大程。

そちらのベランダでは頻繁に
洗濯物を干したりで利用していた
のですが,そんな蜂の巣があるとは
全く気付くことが出来なかった・・・

そしてつい最近にそちら付近にて
ハチの姿を目撃し,その行く先を
確認してみたところ,なんとそこには
蜂の巣があったのでかなり驚かれた
ということだったのです。

営巣箇所というのがベランダの片隅
であったため,普段洗濯物を干している
だけではなかなか気付きにくい箇所
だったのです。

そんな蜂の巣を発見してしまったため
ベランダへ出ることにも支障が出て
しまうこととなったのです。

今回のようにベランダというのも
アシナガバチに巣作りされてしまう
ことがよくあり,そして巣作りされて
しまった箇所が軒下や雨避け屋根の
隅に巣作りされてしまうと,なかなか
気付きにくいのです。

そして気付いた頃には巣は巨大化
ハチの総数もかなり増加してしまう
結果となってしまうのです。

周辺が活発なアシナガバチの活動
地域となっている場合はかなりの
確率でベランダというのも標的と
なってしまいますので洗濯物を
干す際などは定期的に全域の点検を
行っておくことが重要です。

早急に駆除にお伺い。

現場にて該当箇所を確認しますと
それはアシナガバチの巣で間違いなし。

ベランダ天井の死角箇所に巣作り。

アシナガバチ駆除ベランダ

巣の大きさは握りこぶし大程。

アシナガバチの中でもあまり
お目にかからないレアなタイプ。

状況が把握出来ましたので駆除実施。

慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除ベランダ

一気に薬剤散布で全てのアシナガバチ
たちを即効で駆除し,巣も跡形なく
完全に除去完了。

アシナガバチの巣完全除去

ここからは巣に戻って来る戻りバチを
地道に駆除実施し,念のため敷地内
全域のその他の箇所も細部まで調査。

結果,現時点では他では巣作りされて
いないことを確認。

最終的に戻りバチをほぼ退治出来た
ところで全てのアシナガバチ駆除
作業の完了となりました。

今回のようにベランダの死角となる
箇所に巣作りされ,知らず知らずの
うちに巣は巨大化していくという
事態もよくございますので全域の
点検を定期的に行って頂く様
お願い致します。

そして特に普段全く使用していない
ベランダがあればかなり要注意なので
定期的に状況を把握しておくことも
重要でございます。





2020年6月3日(水)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府寝屋川市在住の女性。

御自宅二階ベランダの死角となる
足元窓サッシ下部にハチに巣作り
されているのを発見してしまった!

ということでご連絡頂きました。

ハチの種類はアシナガバチで
間違いなし。

そんな蜂の巣を発見なさったきっかけは
ベランダにて洗濯物を干している際
なんと一匹のハチがベランダへ!

しばらくするとなんと、そのハチは
すぐ足元の窓サッシ辺りへと侵入
していったのです!

まさかと思い、恐る恐るサッシ部分を
確認したところ、なんとそこには
蜂の巣があった!

こういうことでございました。

今回のケースのようにベランダへ
出てすぐの窓サッシ下部というのも
ハチの標的となり、主にアシナガバチが
巣作りを行うのです。

そしてかなりの確率で刺されてしまう
ポイントでもあります。

今回の足元窓サッシ下部というのは
普段ほぼ使用されていないベランダで
あればかなり標的となりやすく,久々に
ベランダへ出た際に振動が巣に伝わって
しまい,一気にハチを刺激してしまい
ふくらはぎなどを刺されてしまう
というわけです。

今回は洗濯物を干したりで頻繁に
ベランダを使用していたのですが
それでも標的となってしまったのです。

しかしまだこの時期に早期に異変に
気付きハチの巣を発見出来たので
不幸中の幸いでした。

この時期というのはアシナガバチに
関してはまだ巣の内部の幼虫たちが
ギリギリ羽化していない状況なので
巣に対して女王蜂が一匹のみの状況
だからです。

ですので今回のお客様はそれだけ
危険性が最小限に抑えられている
状況だったため,なんとか刺される
ことは無かったのです。

これがもしも発見が遅れ,ひと月も
経過していれば巣の内部の幼虫たちが
多数羽化し働き蜂がかなり増大してくる
こととなるため,それだけ巣に対しての
ハチの総数が増加することになるので
刺される確率が高くなってしまっていた
というわけです。

ハチの巣に関しては発見が遅れれば
遅れるほど状況は悪化してしまうことに
なるので出来る限り早期に発見し
早期に駆除しておくことが重要です。

迅速に駆除にお伺い。

該当のベランダを確認。

するとアシナガバチの巣で間違いなく
ベランダ出てすぐの窓サッシ下部に
巣作りされておりました。

アシナガバチ駆除サッシ死角

想定通り巣は初期サイズでまだ
働き蜂は誕生しておらず,巣に対して
女王蜂が一匹のみの状況。

それはベランダへ出入りする側の窓
であったため,かなり危険な状況
だったのです。

何事もなく不幸中の幸いでした。

早速駆除実施で慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除サッシ死角

一気に薬剤散布でアシナガバチ駆除。

そして巣も跡形なく完全に除去。

巣の内部を確認しますと既に複数が
サナギ状態となっていたので数日後には
これらが羽化していたはずですが
それは阻止出来ました。

最終的に敷地内その他の箇所も調査。

すると・・・

なんと二階最上部の軒下にも!

アシナガバチの巣駆除軒下

アシナガバチの巣!

こちらは少し死角となっていたため
発見が困難な箇所。

更には別箇所の二階窓サッシサイド
部分にもアシナガバチの巣!

こちらは昨年以前の物でしたが
やはり以前からアシナガバチの標的と
なっていたということです。

合わせて駆除となり,慎重に巣に最接近。

二階最上部軒下の巣もギリギリ巣に
対して女王蜂が一匹のみの状況。

逃さず退治し巣も完全に除去。

更に調査続行しますと、なんと!

こちらは電気メーターボックス!

内部にアシナガバチが侵入して
いくのを確認!

アシナガバチ駆除メーターボックス

間違いなく内部に巣作り!

このタイプのメーターボックス
というのもアシナガバチの標的と
なることがあるので御自宅の電気
メーターがどのような構造であるかを
把握しておくことが重要です。

ボックス内部に薬剤注入!

そしてボックスを分解すると・・・

なんと今シーズンに巣作りされている
巣の横には巨大な巣!

アシナガバチの巣駆除メーターボックス内部

こちらは昨年以前の巣でしたが
当初はおよそ百匹程のアシナガバチが
存在し,かなり頻繁にハチが出入り
していたことでしょう。

お客様は全くお気付きになられなかった
という事でしたが,今後の点検の重要な
ポイントとなってきます。

全て跡形なく完全に除去。

ボックス内部の巣もなんとか働き蜂は
誕生していない状況でした。

その後も調査し他では巣作りされて
いないことを確認出来ましたので
全てのアシナガバチ駆除作業の完了。

現時点では全ての巣において完全に
駆除出来ておりますが,状況が状況な
だけに今後も定期的に敷地内全域の
点検を行って頂く必要がありそうです。

そして巣作りされてしまったとしても
今回のように早期に発見し早期に
駆除しておくことが重要です。





2020年4月27日(月)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府寝屋川市在住の女性。

御自宅敷地内が少し厄介な状況に
陥っているということでございました。

それは敷地内にて複数箇所に渡って
ハチに巣作りされているということ。

ハチの種類はアシナガバチ。

まずは二階のベランダ頭上の
トタン屋根部分。

巣の大きさは初期サイズの
直径5㎝未満。

巣には一匹のアシナガバチの姿。

そして更に別箇所のベランダ頭上の
トタン屋根部分にも!

同じくアシナガバチの巣!

更に更に一階のガレージトタン屋根にも
アシナガバチの巣!

このように敷地内にてアシナガバチに
複数巣作りされてしまっている厄介な
状況に陥っていたのでした。

そんな蜂の巣を早期に発見するきっかけと
なったのが実は昨年にもアシナガバチに
よって巣作りされていたのです。

それは一階ガレージのトタン屋根部分。

その際は発見が遅れ,巣はかなり巨大化し
ハチの総数もかなり増加してしまっている
状況だったのです。

しかし,その時点では駆除実施せず
そのまま放置していたのでした。

その結果,ガレージにて自転車の出し入れを
行うのにも,常に頭上を気遣いつつ行わざる
を得ない状況に陥っていたのでした。

しかしなんとかハチのシーズンオフである
冬を迎えることが出来,刺されることなく
ハチは飛び去った。

そんな状況であったため,今年度は早期に
敷地内の点検を実施するようにした。

こういうことだったのです。

今回のお客様宅のようにアシナガバチに
関しては周辺が活発な活動エリアであれば
敷地内にて毎年のように巣作りされて
しまうという事態がよく発生するのです。

そして昨年に一階ガレージ部分の巣は
活動中に駆除することなく,そのまま
放置していたのですが,それでは最終的に
秋口に新女王蜂が誕生してしまい
それらが周辺にて冬眠し,翌年に冬眠から
目覚めそれぞれが新たに巣作りを行う
という負の連鎖が続いてしまうことと
なるので,蜂の巣に関しては出来る限り
活動中に駆除しておくことが重要です。

中には蜂の巣をそのまま放置し続けた
結果,敷地内が巣窟状態という大変な
状況に陥ってしまったご家庭もあるほど
ですので注意が必要です。

迅速に駆除にお伺い。

まずはお二階のベランダから確認。

それは頭上のトタン屋根部分に巣作り
されており,アシナガバチの巣。

アシナガバチ駆除雨避け屋根

つい最近に巣作りを開始しており
直径5㎝未満の初期サイズ。

巣には一匹のアシナガバチ。

この一匹のアシナガバチというのが
昨年に周辺にて誕生した新女王蜂と
いうことです。

この時期はまだ巣の内部に卵が
産み付けられている状況でほぼ幼虫にも
孵化していないので働き蜂は誕生して
おらず,巣に対して女王蜂一匹のみの
状況ということになります。

現段階では一匹のみで巣作り及び
子育てを行っていますのでサイクルは
最も遅いのですが,働き蜂たちが誕生して
しまうと,複数で巣作りなどを行うため
一気にサイクルは速くなってしまうのです。

ですのでこの時期に蜂の巣を発見し
駆除出来ればそれだけ危険性も最小に
抑えることが出来るということです。

慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除雨避け屋根

一気に薬剤散布でアシナガバチ駆除後
巣も跡形なく完全に除去。

これでこちらの巣に関しては
完全に駆除完了ということです。

念のため屋根全域を細部まで調査した
結果,なんと別箇所にも巣作り!

こちらも巣に対して一匹のみの状況。

アシナガバチの巣駆除トタン屋根

合わせて駆除となり,同じくアシナガバチ
駆除後,巣も跡形なく完全に除去。

屋根全域にはくまなく薬剤散布し
残留処理実施。

そして次にもう一方のベランダ。

頭上を確認したところ,トタン屋根
根元部分に同じくアシナガバチの巣。

なかなか発見しづらい箇所でしたが
早期に点検し早期に発見出来たので
不幸中の幸いです。

慎重に最接近し駆除実施。

アシナガバチの巣駆除ベランダ

巣も完全に除去。

念のためこちらも全域細部まで調査。

すると窓サッシ下部にも
アシナガバチの巣!

こちらは昨年以前に巣作りされていた
ものですが,やはり以前からこちらの
ベランダも標的となっていた
ということです。

こちらも完全に撤去。

次に一階ガレージ。

頭上を確認すると,アシナガバチ。

こちらはなんと昨年に巣作りされていた
巣の痕跡部分を利用し新たに巣作り
しようとしていた!

アシナガバチ駆除トタン屋根

こういった事も発生するため,やはり
空っぽの巣及び痕跡であっても必ず
完全に除去しておくことが重要と
いうことです。

同じくアシナガバチ駆除後
痕跡も跡形なく完全に除去実施。

薬剤散布で残留処理実施しつつ
一階その他の箇所も細部まで調査。

結果,他では現段階では巣作りされて
いないことを確認出来ましたので
全てのアシナガバチ駆除作業の完了
となりました。

アシナガバチの巣内部

今回のケースのようにアシナガバチに
関しては毎年のように巣作りされる
あるいは敷地内にて複数箇所に渡って
巣作りされてしまうということが
よく発生しますのでこの時期から
敷地内全域の点検を開始しておく
ことが重要になります。

そして蜂の巣を発見なさった際は
放置することなく,その時点で駆除を
行っておくことも重要です。





寝屋川市内ハチの巣駆除レポート

お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ