実際のハチ駆除レポートはこちら

四條畷市ハチ駆除レポート

ハチ駆除レポート/四條畷市



2022年7月31日(日)

駆除の御依頼を頂きましたのは
とある神社様。

神社敷地内の拝殿頭上の軒下
部分にハチに巣作りされて
いるのを発見した!

ということで緊急の御連絡を
頂きました。

そちらの箇所というのが参拝
される方が数多く来られる箇所の
すぐ側ということだったので
かなり影響が出てしまっている
状況だったのです。

ハチの種類はスズメバチ。

巣の大きさは直径15㎝前後。

そんな蜂の巣を発見してしまった
のでいつ何時参拝者の方に
被害が発生してしまうか
分からないということで
緊急の状況だったのです。

実は敷地内にスズメバチに巣作り
されるのは今回が初めてという
わけではなく,以前にも巣作り
されてしまったことがあり
その際は裏手の植木部分でほぼ
影響は無かったのでそのまま
見守っていたのです。

ですが今回はそういうわけには
いかず,駆除を御決断なさった
のでした。

今回の軒下も以前の植木部分も
スズメバチの中でもコガタ
スズメバチという種類だったの
ですが,このハチに関しては
スズメバチの中でも比較的
大人しいタイプなのですが
やはりきっかけがあればすぐに
刺されてしまいます。

特に植木内部や植え込みに巣作り
されてしまうとなかなか発見が
困難になるので巣作りされている
ことに気付けず剪定などを開始
した際にハチを刺激し一気に
襲われ刺されてしまうのです。

毎年そのような状況でスズメバチに
刺されてしまわれる方がおりますので
植木や植え込みの剪定などなさる
際は十分ご注意頂く様お願い致します。

コガタスズメバチに関しましては
比較的大人しいといっても巣作り
される箇所から判断するとかなり
危険なスズメバチと言えるでしょう。

かなり影響が出てしまっている
状況なので早急に御対応。

該当箇所を確認しますとそれは
拝殿頭上に巣作りされており
かなり参拝者の方々に影響が
及んでしまう箇所でした。

コガタスズメバチの巣!

コガタスズメバチ駆除神社

巣は直径15㎝以上に成長。

よく確認したところ,軒下に巣作り
されているというわけではなく
コンセントの配線を巻き込む形で
巣作りされておりました。

早速駆除実施で慎重に巣に最接近。

コガタスズメバチの巣駆除神社

内部に一気に薬剤注入し現時点で
内部にいるスズメバチたちを
全て駆除。

駆除出来たところで巣も
跡形なく完全に撤去。

コガタスズメバチの巣完全撤去

ここからは巣に戻ってくる
戻りバチがおればその都度
捕獲退治。

巣の内部を確認しますとまだまだ
幼虫もサナギも多数!

コガタスズメバチの巣内部

今後更にハチの総数は増加
していたことでしょう。

念のため敷地内全域の細部まで
調査実施。

結果,現時点ではその他の箇所では
巣作りされていないことを確認。

しかし敷地内の所々では今後も
要注意な箇所がありましたので
定期的に全域の点検を行って頂く
必要がありそうです。

なんとか参拝者の方々に被害が
発生することなくスズメバチ
駆除作業の完了。

今回は軒下部分に巣作りされて
おりましたが,コガタスズメバチに
関してはかなりの確率で植木や
植え込み内部に巣作りを行いますので
お庭などに存在する場合は定期的に
ハチが内部に出入りしていないか
どうかを確認しておくことが
重要になります。

そして植木の剪定などなさる際は
必ず事前に内部にハチが出入り
していないかどうかをよく確認
してから行って頂くことが重要です。





2022年6月12日(日)

駆除の御相談を頂きましたのは
50代の女性。

御自宅玄関先にて少し厄介な
事態に陥ってしまっている
ということでございました。

それはインターホンやポストが
設置されている外構部分が特殊な
装飾になっており,ポスト下部
辺りが空間となっているため
そちら部分にハチが頻繁に
出入りしている!

内部に巣作りされているかも
しれない!

こういうことでございました。

そんな状況であるため,ポストの
郵便物回収もままならない
状況に陥ってしまったのです。

更にはすぐ側には自転車を駐輪
しているため,出入りをする度に
かなり影響が出てしまっている
状況だったのです。

ですが僅かな隙間から出入りして
いるのを確認出来るものの,内部を
確認出来ないため,巣作りされて
いるかどうか,巣の大きさなどは
全く分からないという状況。

ハチの種類は恐らくアシナガバチ。

定期的にそちらへ出入りしている
ということは間違いなく巣作り
されていることでしょう。

そして時期的に巣の大きさは
直径5㎝以上に成長しており
ハチの数も増加している
ことと思われます。

ほんの数週間程前までは巣に
対してハチの数が女王蜂一匹のみ
あるいは数匹程度だったのですが
6月のこの時期に入り,続々と巣の
内部の幼虫たちが羽化し出し
働き蜂が増加しているので
出入りするハチの数が増加
しているというわけです。

ですので最近になりそんな異変に
気付くことが出来たのです。

今回のように巣が見えない箇所
であれば目視で発見することは
困難なのでハチの出入りで把握
する必要があります。

ですのでどうしても発見が
遅れてしまいますが,そうでない
ケースで巣がすぐに目視出来る
場合は出来る限り早期に発見し
早期に駆除しておくことが
重要になります。

今回はハチの出入りを確認
出来ましたが,インターホン及び
ポスト近辺ということなので
最悪の場合は訪問者の方々にも
影響が及んでしまっていた
可能性も考えられるのです。

巣作りされてしまった箇所に
よっては第三者の方が刺される
といった被害が発生することも
あるので要注意となります。

かなり影響が出てしまっている
状況なので迅速に御対応。

現場にて該当箇所を確認しますと
それは構造上内部に侵入されやすい
状況となっておりました。

現時点では何処に巣作りされて
いるのか目視では把握出来ない
ため,ハチの動向調査を実施。

するとすぐに一匹のハチの姿!

アシナガバチ!

内部へ侵入!

アシナガバチ駆除玄関先

動向から判断して巣作り確定。

その後も頻繁に出入りしていた
ため,働き蜂もやはり多数羽化
している様子。

状況が把握出来ましたので駆除。

まずは内部に薬剤注入!

するとやはり多数のアシナガバチが
いたようでボトボト。

内部のハチを駆除出来たところで
装飾が分解可能でしたので分解し
内部の状況を調査。

すると,ありました!

アシナガバチの巣!

アシナガバチの巣駆除玄関先

完全な死角に巣作りされており
直径5㎝程。

内部からは既に働き蜂が複数
誕生している様子。

跡形なく完全に除去。

そしてその他の箇所も調査しますと
別箇所の内部にもアシナガバチの巣!

アシナガバチの巣駆除玄関先

こちらは昨年以前に巣作りされて
いたものでしたが,やはり以前から
標的となっていたことが判明。

内部全域にはまんべんなく
薬剤散布し残留処理。

その後は念のためその場で待機し
戻りバチがおればその都度
捕獲駆除実施。

そして敷地内全域の調査も実施。

細部まで調査した結果,現時点では
他では巣作りされていないことを
確認出来ましたので全ての
アシナガバチ駆除作業の完了。

これで安心して頂くことが
出来そうです。

今回のような完全に巣が確認
出来ない箇所に巣作りされて
しまうと,かなり発見が困難で
ハチの出入りのみでしか把握する
ことが出来ませんので厄介ですが
もしも同様の状況でハチの出入りが
あればそれは巣作りされている
可能性が高いのでその時点で
駆除をご検討頂いた方が
良いでしょう。

営巣箇所によっては第三者の方に
影響が及んでしまうことも
あるので注意が必要です。





2021年10月6日(水)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府四條畷市在住の女性。

御自宅一階の洗濯物干し場
頭上の天井に突然多数の
ハチが群がり出した!

ということでございました。

それは一週間ほど前に急に
発生し,その時はたまたまかと
思っていたのですが,その後も
いなくなることはなく
そのまま群がっていたので
駆除を御決断なさったのでした。

それは洗濯物を干す度に
すぐ頭上にハチがいることに
なるので毎回気になり洗濯物も
ゆっくりと干すことが出来ない
状況だったのです。

ハチの種類はアシナガバチ。

アシナガバチに関しては
今回のように周辺に巣が
見当たらないのに大群の
アシナガバチが群がり出す
といった事態が発生する
ことがよくあります。

時期,種類などによって様々な
要因が考えられるのですが
この時期に関してはほぼ
アシナガバチの場合,最終の
シーズンに入っており
巣の内部からは全てのハチが
羽化している状況で徐々に
巣から飛び立ち巣とは別の
箇所に群がり,そちらを巣
代わりに生活するといった
時期に入ってきているのです。

その群がる箇所というのが
今回のように天井であったり
軒下,植木,カーポート
雨避け屋根であったりと
場所を選ばず突然群がり出す
ので場所によってはかなり
影響が出てしまうことと
なってしまうのです。

それは数日で姿を消すことも
あればかなり長期間に及ぶ
こともあるので気持ちの
良いものではありません。

もう少し早い時期にも
このような現象が発生する
ことがあり,それは今回の
ように最終的に巣を飛び立った
というわけではなく,巣にて
生活していたのですが
そちらで何らかの異常事態が
発生してしまい,巣にて生活
することが困難になり別箇所
にて群がることが発生します。

人為的な要因でそのような
事態に陥ることもあるのですが
その他にアシナガバチの天敵
であるスズメバチに襲撃を
受けた際にも行き場を失い
別箇所に群がったり至る
箇所に潜んだりすることが
あるのです。

人為的な要因で最も多いのが
御自身で殺虫剤を用いて
駆除を行った際になります。

完全に駆除が出来ておらず
中途半端に作業が終わって
しまった際,駆除しきれて
いなかったハチが辺りで
行き場を失い,飛び回ったり
別箇所に潜み,そして群がったり
と住宅街などであればご近所様
などにも影響が及んでしまう
ことがよくありますので
そんな観点からも十分注意
する必要があります。

いずれの場合でも近辺に
巣作りしていた巣が存在
するのは間違いないので
調査も重要になります。

迅速に御対応。

現場にて該当箇所を確認
しますと,それはやはり
アシナガバチ。

アシナガバチの中でも
最も凶暴なタイプ。

洗濯物干し場頭上の天井部分に
約50匹程が群がり!

アシナガバチ駆除群がり

状況から判断して今回は
やはり通常通りの巣から
飛び立ったハチたちが
群がっていることで
間違いなし。

状況が把握出来ましたので
駆除実施。

慎重に最接近。

アシナガバチ駆除天井群がり

一気に薬剤散布で現時点で
存在するハチを全て駆除。

駆除出来たところで
ここからはこちらに戻って
くるハチたちを地道に退治。

そして敷地内全域の調査。

すると,すぐ側の庭の植木
部分にアシナガバチの巣!

今回群がっていた同種の
アシナガバチの巣!

こちらから飛び立った
アシナガバチだったのか!?

アシナガバチの巣駆除植木

しかし巣を撤去し,よく確認
したところ,こちらは昨年
以前に巣作りされていた物
だったので関連性はなし。

その後も全域の細部まで調査。

するとその他の軒下などにも
過去に巣作りされていた
痕跡がチラホラ。

やはり以前からアシナガバチの
標的となっていたことが判明。

ですが今シーズンに巣作り
されていた巣の確認はなし。

今回の群がりのアシナガバチの
巣は敷地外の何処かに存在
するということ。

仕方がないので戻りバチを
ほぼ退治出来たところで
全てのアシナガバチ駆除
作業の完了。

これで安心して洗濯物を
干して頂くことが出来ます。

今回のようにこの時期は
突然場所を選ばず
アシナガバチが群がり出す
こともあるので要注意
となります。

そして時期関係なく人為的な
要因でそのような事態に
陥ることもあるので御自身で
駆除なさる場合は万全の態勢で
完全に駆除実施するつもりで
行うことが重要です。





2021年8月6日(金)

駆除の御依頼を頂きましたのは
とある不動産会社様。

管理されている一戸建て物件の
側溝に設置されているグレーチング
部分にハチに巣作りされているのを
発見してしまった!

ということでご連絡頂きました。

ハチの種類は詳しくお聴きした
結果、アシナガバチ。

巣の大きさは握りこぶし大。

実はそちらの物件というのが
空き家状態となっており、久々に
訪問されたところ、なんと玄関先
にてハチの姿を確認!

するとそのハチはなんと側溝部分
へと侵入していったのです!

まさかと思い、側溝をよく確認
してみたところ、グレーチングに
ぶら下げる形で蜂の巣があったので
かなり驚かれたのでした。

今回は空き家状態ということもあり
アシナガバチの標的となりやす
かったのですが、空き家状態で
なくても側溝に設置されている
グレーチング部分に巣作りされる
こともあるのです。

かなり意外な箇所なのでこちらは
発見が遅れてしまうポイントに
なります。

そして刺されてしまう可能性の
ある箇所でもあります。

それは御自宅敷地内へと足を
踏み入れる際に巣作りされている
ことに気付かず、営巣箇所付近の
グレーチング部分を踏んでしまった
場合、振動が巣に伝わってしまい
ハチを刺激し一気に襲われ刺されて
しまうことがあるのです。

まさかそんな箇所に巣作りしている
とは誰もが思いもしませんので
意外な営巣箇所としてご周知
頂く様お願い致します。

更に今回は空き家物件。

空き家物件というのはやはり
アシナガバチだけに限らず
その他のハチの標的にも
なりやすくなります。

ですので今回も側溝部分のみならず
全域の調査が重要になりそうです。

迅速に御対応。

現場は大阪府四條畷市。

まずは側溝部分の確認。

すると想定通りアシナガバチの巣!

アシナガバチ駆除側溝

グレーチング部分にこびりつける
形で巣作りされており、巣の
大きさは握りこぶし大程。

そちらは御自宅前の通りに面した
箇所に位置していたため、ハチの
通り道からも通行人の方々にも
影響が出てしまっている状況でした。

状況が把握出来ましたので駆除。

慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除側溝

一気に薬剤散布で現時点で巣に
いるアシナガバチたちを全て駆除。

駆除出来たところで巣も
跡形なく完全に除去完了。

ここからは戻りバチを地道に捕獲し
駆除実施。

そして重要な全域の調査。

すると・・・

一階の雨避け屋根部分にも
アシナガバチの巣!

アシナガバチの巣駆除雨避け屋根

こちらは初期サイズでしたが
今シーズンに巣作りされた物。

巣の大きさから判断して近辺に
関連性のあるアシナガバチの巣が
存在するのは間違いなし。

こちらも慎重に巣に最接近し
全てのアシナガバチを駆除し
巣も跡形なく完全に除去。

戻りバチを駆除しつつ調査続行。

すると軒下部分には複数の
アシナガバチの巣!

そして別箇所の雨避け屋根にも!

更には裏手のエアコン室外機
ホース部分にも!

アシナガバチ駆除過去巣

どれもが過去に巣作りされていた
物でしたがやはり以前から
空き家状態ということもあり
アシナガバチの標的となっていた
ことが判明。

全て跡形なく完全に除去。

すると・・・

頭上にて頻繁にアシナガバチが
行き来していたのです!

その行く先は二階ベランダ!

巣作り間違いなし。

二階ベランダを確認しますと
そこには足元に置かれている
コンクリートブロック。

そちらの空洞部分へと頻繁に
アシナガバチが出入り
していたのです!

アシナガバチ駆除ブロック

出入りのハチの数から巣は
かなり巨大化している様子。

慎重にブロック内部を確認しますと
空洞部分いっぱいに広げる形で
巣作りされており、直径10cm以上!

アシナガバチの巣駆除ブロック

位置的に判断し、先ほどの雨避け
屋根部分の初期の巣とこちらの
巣が関連性があると判断。

かなり頻繁に巣へ行き来して
いますので慎重にブロックに最接近。

タイミングを見計らい一気に
薬剤注入し全てのアシナガバチ
たちを即効で駆除。

そして巣も跡形なく完全に除去。

こちらはハチの総数も多数。

その後もその他の箇所も細部まで
調査し、何とか他では巣作りされて
いないことを確認出来ました。

三ヶ所の戻りバチを退治する
ことになり、かなり長時間を
要しましたがなんとかほぼ駆除
出来たところで全てのアシナガバチ
駆除作業の完了。

アシナガバチの巣駆除多数

やはり空き家物件ということもあり
かなりアシナガバチの標的と
なっておりました。

これで今回の蜂の巣に関しては
安心して頂くことが出来ます。

しかしやはり状況が状況なだけに
今後も空き家状態が続くようで
あれば必ず定期的に訪問し
全域の点検を行っておく
必要があります。

今回のケースのように空き家物件
というのはどうしてもハチの
標的となりやすく、そして
発見が遅れてしまうことになり
最悪の場合はお隣様などご近所の
方々に影響が及んでしまうことも
ありますのでそういった空き家物件を
所有されている方は十分注意して
頂く様お願い致します。





2019年7月15日(月)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府四條畷市在住の男性。

御自宅一階の窓サッシ上部にスズメバチ
に巣作りされてしまった!

ということでございました。

茶色でマーブル模様の真ん丸の巣!

巣の大きさは直径15cm前後。

そちらの窓というのがほぼ開閉する
ことは無かったので今までそんな
蜂の巣があるなんて思いもしなかった!

たまたま室内側より窓に目を向けると
そんなスズメバチの巣があったので
かなり驚かれたのでした。

今回はまだ窓を開けてしまう前に
巣を発見出来て良かったのです。

もしも巣作りされていることに気付かず
窓を開放してしまっていたら、窓が
巣を直撃してしまい、パニックとなった
スズメバチたちに襲われ刺されて
しまっていたかもしれないからです。

今回巣作りしていたのはスズメバチの
中でもコガタスズメバチだったのですが
このハチに関しましては今回のような
窓サッシに巣作りされるよりも
植木や植え込み内部に巣作りされる
ことの多いスズメバチになります。

そしてかなり刺される率の高い
スズメバチでもあります。

それはやはり植木や植え込み内部に
巣作りされてしまうとかなり発見が
困難になり、どうしても巣が巨大化
ハチの数もかなり増加してしまう
ポイントなのです。

そしてそんな蜂の巣があるとは
誰もが思いもしませんので植木の
剪定などを開始してしまい、ハチを
刺激し刺されてしまうというわけです。

毎年数多くの方がコガタスズメバチに
刺されておりますので植木の剪定など
なさる際は十分ご注意頂く様お願い
致します。

窓が開けられない状況なので
早急に駆除にお伺い。

該当の窓を確認しますと、やはり
コガタスズメバチの巣!

スズメバチ駆除窓サッシ

窓枠上部にこびりつける形で巣作り
されており、巣は直径15cm程に成長!

頻繁に巣へスズメバチが出入りして
おりますので働き蜂も多数が誕生。

窓を開放する前に気付けて良かった。

早速駆除実施。

戻りバチに注意を払いつつ
慎重に巣に最接近。

スズメバチの巣駆除窓サッシ

一気に薬剤注入で巣の内部にいる
スズメバチたちを即効で駆除。

そして巣も跡形なく完全に除去。

巣の内部を確認しますとまだまだ
幼虫もサナギ状態のものも多数でした
ので今後更にスズメバチの数は増加
していたことでしょう。

スズメバチの巣内部

なんとかそれは阻止。

その後は巣に戻ってくる戻りバチを
地道に駆除実施。

念のため敷地内全域の調査も実施し
他では巣作りされていないことを確認
出来ましたので全てのスズメバチ駆除
作業の完了となりました。

ですが植木に関しては今後スズメバチの
標的となる可能性が十分ありましたので
必ず定期的に剪定を行って頂く必要が
ありそうです。

そうしてハチに巣作りされにくい
環境を構築していくことが重要です。





四條畷市内ハチの巣駆除レポート

お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ