実際のハチ駆除レポートはこちら

吹田市ハチ駆除現場レポート

ハチ駆除レポート/吹田市



2022年7月24日(日)

駆除のご相談を頂きましたのは
50代の女性。

御自宅二階ベランダにて
ハチに巣作りされている
かもしれない!

ということでご連絡頂きました。

それはつい最近ベランダにて
洗濯物を干している際のこと。

ふと頭上にて一匹のハチの姿!

するとなんとそのハチは一直線に
すぐ側の窓の雨戸戸袋内へと
侵入していったのです!

そしてしばらく経っても
そのハチは出てくることは
無かったので恐る恐る隙間から
内部を覗きこんでみたところ
そこにはうっすらと何やら妙な
物体があったのでもしかして!

ということだったのです!

戸袋内に出入りしていたという
ことは巣作りされていることで
間違いないでしょう。

実は少し前からベランダにて
ハチの姿を見かけるなと思って
いたそうなのですが,たまたまかと
あまり気にしていなかった・・・

ですが今回そんな状況を発見して
しまったのでベランダへ出ることも
ままならない状況に陥って
しまったのでした。

窓のすぐ側ということなので
かなり巣に最接近してしまって
いた状況だったので危険な状態!

そして窓を開放している際に
誤って室内にハチが侵入して
しまっていた可能性も
あったのです。

更には窓のすぐ側ということは
窓を激しく開閉した際などに
かなりの確率で巣にダイレクトに
振動が伝わってしまって
いたことでしょう。

アシナガバチに関しましては
こちらから手出ししない限り
襲い掛かり刺してくることは
ほぼ無いのですがあまりにも
巣に最接近してしまったり,巣に
振動を与えてしまうようなことが
あればかなりの確率で刺されて
しまうこととなるのです。

ですのでもしも巣作りされて
いるのを発見なさった際は
アシナガバチの場合であっても
むやみに最接近するようなことは
避けたほうが良いでしょう。

今回巣作りしていた雨戸戸袋内
というのもハチに巣作りされて
しまうことがよくあり,アシナガバチ
のみならずスズメバチなども内部に
巣作りすることがあるのです。

雨戸というのは場合によっては
全く使用しないこともあるので
そんな状況下で巣作りされて
しまうのです。

そして台風が接近中などの際久々に
雨戸を引き出したところ突然
内部からハチが飛び出してくる
といった非常事態が発生する
こともあるので久々に雨戸を
引き出す際は事前にハチが出入り
していないかどうかをよく確認
しておくことが重要です。

ベランダへ出られない状況
なので迅速に駆除にお伺い。

該当の雨戸戸袋部分を確認しますと
それはアシナガバチの巣!

営巣箇所というのが開閉する
窓の本当にすぐ側でしたので
かなり危険な状況でした。

アシナガバチ駆除戸袋内

全容を把握するため戸袋内を
調査したところ,ありました!

戸袋内の窓サッシ上部に
こびりつける形で巣作りされて
おり,もうすぐ直径10㎝に届く
程に成長!

アシナガバチの巣駆除戸袋内

こちらは完全に死角となっていた
のでなかなか発見は困難な箇所。

ハチの出入りで把握するしか
営巣の確認は出来ない状況。

状況が把握出来ましたので
駆除実施で慎重に最接近。

一気に薬剤散布で現時点で巣に
いるアシナガバチたちを
全て即効で駆除。

そして巣も跡形なく完全に除去。

アシナガバチの巣完全除去

ここからは巣に戻ってくる
戻りバチを地道に退治。

念のため敷地内全域の調査も
実施し,その他の箇所では
現時点では巣作りされていない
ことを確認出来ましたが今後
更に注意な箇所も存在しました
ので定期的に点検を行っておく
必要がありそうです。

戻りバチをほぼ退治出来た
ところで全てのアシナガバチ
駆除作業の完了。

アシナガバチの巣内部

これでようやく安心して
ベランダに出て頂くことが
出来そうです。

今回のように雨戸戸袋内というのも
ハチに巣作りされてしまう
ポイントとなり,それはシャッター
タイプのボックス内にも巣作り
されてしまうこともあるので
要注意となります。

特に過去にアシナガバチに巣作り
されたことのあるご家庭は
全ての箇所の戸袋部分を点検
しておくことが重要です。





2021年8月4日(水)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府吹田市在住の男性。

御自宅一階の外壁に設置されている
電気メーターボックス内部にハチに
巣作りされてしまった!

ということでご連絡頂きました。

メーターボックス内部に頻繁に
ハチが出入りしているので
巣作りを疑うこととなったのでした。

ハチの種類はアシナガバチ。

アシナガバチに関しては今回の
ように電気メーターボックス内部
というのも好んで巣作りを行う
ポイントになります。

メーター本体がボックスで覆われて
いるタイプのものは内部が程よい
空間となっているのでアシナガバチに
とっては快適に暮らせるスポット
となってしまうのです。

意外な営巣箇所となるので
見落としがちですが、もしも
電気メーターがそのような構造で
あれば定期的に点検を行っておき
ハチが出入りしていればそれは
間違いなく巣作りされていることに
なるのでその時点ですぐに駆除を
ご検討頂くことが重要です。

今回のお客様宅のメーターボックスは
ガレージのすぐ側に設置されて
いたので車両の出し入れをする
度にすぐ頭上にハチが行き来して
いるため、かなり影響が出て
しまっていたのです。

メーターボックスの設置場所に
よってはお隣様などご近所の方々に
影響が及んでしまうこともあるため
御自宅の電気メーターがどのような
構造であるか、そして何処に設置
されているかを把握しておく
ことが重要でございます。

早急に駆除にお伺い。

現場にて該当のメーターボックスを
確認しますと、やはりアシナガバチ。

アシナガバチ駆除メーターボックス

頻繁にボックス内部へ出入り!

営巣確定。

巣は巨大化している様子。

状況が把握出来ましたので
駆除実施。

慎重にメーターボックスに最接近。

アシナガバチ駆除メーターボックス

まずは営巣箇所付近に一気に
薬剤注入し、現時点で内部にいる
アシナガバチたちを全て退治。

駆除出来たところで巣の撤去。

メーターボックスを分解しますと
姿を現しました、アシナガバチの巣。

アシナガバチの巣駆除メーターボックス

メーター本体にこびりつける
形で巣作りされており、巣は
直径10cm程に成長!

知らず知らずのうちに内部にて
巨大化していたのです。

ハチの総数も多数。

跡形なく完全に巣を除去。

アシナガバチの巣完全除去

巣の内部を確認しますとまだまだ
幼虫もサナギも多数でしたので
今後更にハチの総数は増加して
いたことでしょう。

アシナガバチの巣サナギ多数

ここからは巣に戻ってくる多数の
戻りバチを地道に駆除実施。

そして念のため敷地内全域の
調査も実施。

結果、現時点では他では巣作り
されていないことを確認出来ましたが
今後要注意となる箇所がチラホラ。

今後も定期的に点検を行って頂く
必要がありそうです。

最終的に戻りバチをほぼ駆除出来た
ところで全てのアシナガバチ駆除
作業の完了となりました。

今回のケースのように電気メーター
ボックス内部というのもかなりの
確率でアシナガバチの標的となって
しまいますので御自宅の電気メーター
がそのような構造であれば定期的に
ハチが出入りしていないかどうかを
点検しておくことが重要です。

そして出来る限り早期に発見し
早期に駆除しておくことが
重要でございます。





2020年7月19日(日)

駆除のご相談を頂きましたのは
大阪府吹田市在住の男性。

御自宅一階に設置されているエアコン
室外機に少し異変が起きている!

ということでご連絡頂きました。

そちらのエアコンというのは
夜間のみ使用されており,日中はほぼ
使用されていない状況で今回たまたま
そちらの室外機に目を向けたところ
なんと室外機内部にハチが出入り
しているのを確認!

たまたまかと思っていたらその後も
定期的にハチが内部へ出入りしていた
のでご相談頂いたのでした。

エアコン室外機・・・

アシナガバチに関して最も重要な営巣
ポイントになります。

今回本体内部へ出入りしていたという
ことは間違いなく本体内部に巣作り
されているということです。

室外機に関しては今回のように本体
内部に巣作りされることもあれば
外部のホース部分や底面の死角部分など
全ての箇所がアシナガバチの標的と
なりやすいのです。

エアコンを使用なさっているご家庭で
あれば必ず屋外に室外機が設置されて
おりますので定期的な点検の重要な
ポイントとなります。

過去に敷地内にてアシナガバチに巣作り
されたことのあるご家庭は特に注意が
必要になります。

そして全く使用されていないエアコンが
あれば更に要注意となりますので
そんな室外機には対策が必要です。

エアコンを使用出来ない状況なので
迅速に御対応。

該当の室外機を確認。

アシナガバチ駆除室外機

夜間にお伺いとなったのでハチの
動向は調査出来ず。

慎重に室外機内部を確認しますと
やはり巣作りされておりました!

内部の上部奥に巣作りされており
アシナガバチの巣。

アシナガバチ駆除室外機内部

巣の大きさはあと少しで直径10㎝に
届く程に成長!

巣には多数のアシナガバチ。

営巣箇所がちょうどファンが接触しない
箇所だったので夜間にエアコンを使用
していても巣に異常が発生することなく
生活出来ていたようです。

営巣が確認出来ましたので駆除実施。

まずは内部に薬剤注入し全ての
アシナガバチたちを即効で駆除。

駆除出来たところで室外機を分解。

すると姿を現しました!

上部にこびりつける形で巣作り!

アシナガバチの巣駆除室外機内部

知らず知らずのうちに内部に
巣作りされていたのです。

跡形なく完全に除去。

そして死骸も全て回収し駆除完了。

巣の内部を確認しますと幼虫も
サナギもかなりぎっしり状態でしたので
今後更にハチの数は増加していた
ことでしょう。

アシナガバチの巣内部

夜間にお伺いさせて頂いたこともあり
巣に戻って来る戻りバチに気を使う
必要は無いので最終的に敷地内
その他の箇所全域も細部まで調査。

結果,他では現時点では巣作りされて
いないことを確認出来ましたので
全てのアシナガバチ駆除作業の完了。

これで安心してエアコンを使用して
頂くことが出来そうです。

今回のケースのようにエアコン室外機に
関してはアシナガバチの標的と
なりやすいポイントとなりますので
敷地内に設置されている室外機の
点検を定期的に行って頂くことが
重要になります。

そして室外機内部に巣作りされて
しまうのはまだエアコンを使用して
いない期間である4月から6月頃に
かけてが最も多くなりますので
エアコンを使用する際は必ず事前に
本体内部にハチが出入りしていないか
どうかをよく確認してから使用して
頂く様お願い致します。





2020年6月18日(木)

お問い合わせを頂きましたのは
大阪府吹田市在住の女性。

御自宅に巣作りされてしまったという
わけではなく、ご実家のガレージに
置かれている車両にハチに巣作り
されているのを発見した!

ということでご連絡頂きました。

ハチの種類は詳しくお聴きした結果
アシナガバチで間違いなし。

車両の前輪ホイールハウス内に
巣作りされている!

実は前日に巣作りされていることに
気付かずにそちらの車両で外出
なさったそうなのです。

そして帰宅後、なんと前輪部分へと
ハチが出入りしていたので恐る恐る
確認してみると、なんとそこには
蜂の巣があった!

こういうことだったのです。

ということは外出していた際、ハチも
一緒に外出していたのか!

ハチにとってはかなり恐怖の出来事
だったことでしょう。

今回の車両は長期間放置されていた
というわけではなく、ほんの一ヶ月
程使用されていなかっただけなのですが
標的となってしまいました。

今回のケースのように自家用車と
いうのもハチが巣作りを行うポイント
となってしまいます。

ホイールハウス内やドアピラー内部
など主にアシナガバチが巣作りを
行いやすいポイントとなります。

それはやはり普段全く使用されず
長期間放置されたままになっていると
特に標的となりやすいのでもしも
そんな車両がガレージなどにある
場合は要注意となります。

そして駐車場所が月極駐車場であれば
更に要注意となります。

月極駐車場ということは対象の
駐車車両のみならず、その他の車両も
駐車されていることになるのでもしも
放置車両にハチに巣作りされてしまうと
お隣の車両の方々などにかなり影響が
出てしまうこともあるので定期的に
訪問し点検しておくことが重要です。

車を使用出来ない状態なので
早急に駆除にお伺い。

該当の駐車車両を確認。

それは左前輪のホイールハウス内に
巣作りされており、アシナガバチの
巣で間違いなし。

アシナガバチ駆除ホイールハウス

巣のサイズは初期サイズで巣の内部を
確認したところ、ギリギリ幼虫たちは
羽化していない状況。

ということは巣に対してハチの総数が
女王蜂一匹のみということになります。

ですが現時点では巣にハチの姿はなし。

アシナガバチの巣駆除ホイールハウス

女王蜂が一匹のみの状況では自ら
巣作り及び子育てを行っていますので
頻繁に巣を留守にするので現時点では
出掛けているということです。

帰りを待つ間に念のため敷地内
全域の調査も実施。

すると玄関先に置かれていた
ブロック空洞部分にもアシナガバチに
巣作りされていたのです。

アシナガバチ駆除ブロック

こちらは初期サイズで既に活動は終了
している過去の巣でしたが,やはり以前から
敷地内がアシナガバチの標的となっていた
ことが判明しました。

アシナガバチの巣駆除ブロック

その他の箇所では現時点では巣作り
されていないことを確認。

調査は完了しましたので再度車両へ。

しかし女王蜂の姿は無し。

そして長時間が経過・・・

全く気配無し。

もしも通常通りの生活を行っている場合は
必ず巣に定期的に戻ってくるのですが
今回のように全く戻って来ないことも
まれに発生するのです。

それは様々な要因が考えられるのですが
今回に関しては一度車両を使用しハチが
巣にいる状態で出掛けたので,ハチに
とってはかなり恐怖の体験をしたはずなので
居心地の悪さを感じ,今回の巣は放置し
別箇所へ移動した可能性が考えられました。

そして何処か別箇所にて巣作りを
開始している。

今回はそのような状況の可能性。

仕方がないので巣を完全に撤去し
駆除作業完了。

巣の内部を確認しますと数匹がサナギ
状態となっていたのでそれらが羽化する
ことは完全に防止出来ました。

今回は想定外の事態でしたが,車両と
いうのもアシナガバチの標的となりますので
長期間使用されていない車両がガレージ
などにございましたら十分ご注意
頂きます様お願い致します。





2020年5月29日(金)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府吹田市在住の男性。

御自宅ベランダの窓サッシ上部
辺りにハチに巣作りされているのを
つい最近発見なさったということで
ご連絡頂きました。

それは雨戸シャッターの内側の
サッシ上部だったため,ベランダ側
からは死角となり確認出来ず
室内側からは容易に確認出来る
そんな箇所だったのです。

そんな蜂の巣はほんの一週間程前
までは存在しなかった・・・

気付いた時には蜂の巣らしき物体が
出来上がっており,そこには
一匹のハチの姿があり,巣にいる
時もあればいない時もあるということ。

ハチの種類は詳しくお聴きした
結果,恐らくスズメバチ。

スズメバチの巣と言っても真ん丸の
蜂の巣というわけではなく,まだ
ほぼ外皮が形成されておらず,内部の
巣が丸見え状態。

スズメバチの中でも種類によっては
巣が成長しても全く外皮を形成
しないタイプのスズメバチもいるの
ですが,今回は種類はコガタスズメバチ
と判断したため,このスズメバチに
関しては最終的には真ん丸の巣へと
変化していきます。

ですので本当に最近に作り立て
ということが言えます。

コガタスズメバチに関しては
初期の段階の巣は独特な形状を
しており,トックリや一輪挿しの
花瓶を逆さにしたような形状なの
ですが,今回はまだそこまでも
達しておらず外皮が形成されて
いない状況ということです。

今回のお客様は異変にすぐに
気付くことが出来,すぐに駆除を
ご決断なさったので良かったのです。

この時期というのはまだ新女王蜂が
一匹のみで巣作りを開始している
時期なのでまだ巣の内部の幼虫たちは
羽化しておらず,働き蜂は一匹も誕生
していない状況だからです。

ですので巣に対してハチが一匹のみの
状況なのでそれだけ危険性を最小限に
抑えられるというわけです。

これがあとひと月も経過してしまえば
内部の幼虫たちがどんどんと羽化
してきますのでそれだけハチの
総数が増加し一気に巣は巨大化して
いってしまうことになるのです。

この時期に早期に蜂の巣を発見し
早期に駆除出来るかで状況は大きく
左右されることになるので,この
時期から敷地内全域の点検を行って
おくことが重要でございます。

ベランダに出られない状況なので
迅速に御対応。

該当の営巣箇所を確認しますと
それはコガタスズメバチの巣で
間違いなく,本当に作り立てで
まだ外皮が形成されていない状況。

窓サッシの上部に巣作り!

窓を完全に開放してしまうと巣に
直撃してしまい,とんでもない
状況に陥ってしまう箇所。

現時点ではスズメバチの姿は無し。

コガタスズメバチ駆除窓サッシ

この時期というのは女王蜂自ら
巣作りや子育てを行っていますので
頻繁に巣を離れるのです。

必ず巣とハチをセットで駆除しておく
ことが重要なのでその場で待機し
帰りを待つことに。

いつ戻って来るか分からないので
かなり地道な作業になります。

そして・・・

かなり長時間が経過した時
戻って来てくれました。

女王蜂!

コガタスズメバチの巣駆除窓サッシ

このタイミングを逃すわけには
いかないので慎重に最接近し
一気に薬剤散布でスズメバチ駆除!

そして巣も跡形なく完全に除去。

スズメバチの巣完全除去

巣の内部を確認しますとまだ
全てが卵状態で一匹も孵化して
いない状況でした。

コガタスズメバチの巣卵

もしもあと一週間も経過していれば
巣は独特な形状のトックリを逆さに
したような形状になっていたこと
でしょう。

これでこのスズメバチの巣に関しては
完全に駆除完了ということです。

念のため敷地内その他の箇所全域も
細部まで全て調査させて頂き他では
問題無いことを確認出来たので
全てのハチ駆除作業の完了。

今回のコガタスズメバチに関しては
毎年のように巣作りされてしまう
ということはほぼございませんが
念のため今後も敷地内全域の点検を
定期的に行っておくことが重要です。





吹田市内ハチの巣駆除レポート

お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ