実際のハチ駆除レポートはこちら

太子町ハチ駆除現場レポート

ハチ駆除レポート/太子町



2022年8月28日(日)

駆除の御依頼を頂きましたのは
40代の男性。

つい最近に購入した一戸建て物件
にてハチに巣作りされているのを
発見してしまった!

ということでございました。

そんな蜂の巣を発見なさったのは
そちらの物件のリフォーム作業を
行っていた業者様だったのです。

現在リフォーム中になり,お客様
御自身はお住まいではないので
直接的な影響は無いのですが
リフォーム作業にかなり影響が
出てしまっている状況で作業中は
ハチに気を使いながらになるので
作業がなかなかはかどらない。

幸い現時点では刺されたりなどの
被害は発生していないのですが
間一髪の時もあった・・・

一刻も早く駆除する必要が
あったのです。

ハチの種類はスズメバチ。

そして巣作りされている箇所
というのが屋根裏内。

リフォームのため該当箇所付近の
室内天井板を取り外したところ
なんと屋根裏内よりハチの姿!

危険を感じすぐに避難!

その後,該当箇所付近を確認した
ところ,なんと屋根裏内に大きな
スズメバチの巣があり,そこには
多数のハチの姿があった!

こういうことでございました。

はっきりとは確認出来ていないの
ですが,そこには複数の蜂の巣が
確認出来たということ。

そして屋外側から確認してみた
ところ,該当箇所付近の通気口より
スズメバチが出入りしていたのです。

複数の蜂の巣があった・・・

ということはそのうちのいずれかは
過去に巣作りされていた巣という
ことになるので,そちらの物件では
以前からスズメバチの標的となって
いたということになります。

恐らく毎年のように巣作りされ
最終的に新女王蜂が誕生してしまい
再度翌年に巣作りされてしまう
という負の連鎖に陥ってしまって
いる状況なのでしょう。

屋根裏内に関してもこのような
事態はよく発生することになり
一度巣作りされているのを放置
した結果,屋根裏内に複数巣作り
されてしまうのです。

屋根裏内などに巣作りするのは
スズメバチの中でも地域にも
よりますがキイロスズメバチが
よく巣作りすることがあり
キイロスズメバチに関しては
最も巣を巨大化させますし
最もハチの総数も増加させる
厄介なスズメバチですので
極力活動中に完全に駆除しておく
ことが重要になります。

リフォーム作業に影響が出て
しまっている状況なので
早急に駆除にお伺い。

現場は大阪府南河内郡太子町。

現場にてまずは屋外の状況から
確認しますと通気口から
頻繁にスズメバチが出入り!

種類はキイロスズメバチではなく
モンスズメバチだったのです。

モンスズメバチに関しても
キイロ同様,今回のような
屋根裏内や壁内部などによく
巣作りするタイプなので
厄介なスズメバチになります。

そして室内側の確認をしますと
開口部より屋根裏の状況が確認
出来,そこにはモンスズメバチの巣!

モンスズメバチ駆除屋根裏

複数巣が存在したのですが
やはり一つが今シーズンの巣で
その他は過去の巣。

巣は直径30㎝程に成長しており
ハチの数もかなり多数!

すると異変を感じたスズメバチ
たちが室内へ!

かなり危険な状況!

こんな状況ではリフォーム作業も
かなり困難を要します。

室内のスズメバチを捕獲駆除
しつつ,屋根裏内の駆除実施。

慎重に巣に最接近。

瞬く間に辺りをスズメバチに
取り囲まれますが駆除!

一気に薬剤散布で全ての
スズメバチたちを即効で駆除。

モンスズメバチの巣駆除屋根裏

駆除出来たところで巣も
跡形なく完全に除去。

そして過去の巣も完全に
跡形なく撤去。

通気口を確認しますとハチなら
容易に侵入出来てしまう状況
だったので毎年のように侵入
されていたのです。

モンスズメバチ侵入口

今後のためにも通気口を
完全に閉鎖。

モンスズメバチ侵入口閉鎖

そして屋根裏内その他の箇所も
調査しますと・・・

なんと別箇所の通気口近辺にも
スズメバチの巣が存在!

こちらは過去の巣でしたが
モンスズメバチの他
キイロスズメバチの巣も!

スズメバチの巣駆除屋根裏

やはりキイロスズメバチの
標的にもなっていたのです。

そして別箇所の通気口近辺にも!

過去に巣作りされていた
痕跡を確認!

なんとこちらの物件の屋根裏内が
とんでもない状況に陥っていた
ことが判明したのです。

全ての通気口からスズメバチに
出入りされ,巣作りされていたのです。

全ての巣を完全に撤去。

そしてその他の通気口も全て
完全に閉鎖完了。

これで今後通気口からは侵入
されることを防止出来ました。

撤去した巣の内部を確認しますと
まだまだ幼虫もサナギも多数
でしたので今後更に巣は巨大化し
ハチの総数も増加していた
ことでしょう。

モンスズメバチの巣内部

ようやく安心してリフォーム作業を
行って頂くことが出来そうです。

今回通気口からは侵入されることは
防止出来ましたが,その他の隙間
などから侵入される可能性も今後
ございますので来年度以降も
定期的に全域の点検を行って
おくことが重要です。

今回のようにスズメバチの種類に
よっては屋内側によく巣作りを
行いますので御自宅屋外側の
通気口や軒下の隙間などから
ハチが出入りしていないか
どうかを定期的に点検して
おく様お願い致します。





2016年8月15日(月)

大阪府南河内郡太子町在住の
女性からのご依頼。

御自宅庭の植木内部にハチに
巣作りされてしまったということで
ハチの種類はスズメバチ。

巣の大きさは直径20cm程に成長。

少し前からハチの姿を目撃するな
と思っていたそうなのですがまさか
巣作りされているとは思わなかった。

恐らくスズメバチの中でも比較的
おとなしいタイプのコガタスズメバチ
というハチなのですが、このハチは
植木や植え込み内部によく巣作り
するスズメバチになります。

そちらの植木はやはり剪定がされて
いない状況だったので標的に
なりやすかったのです。

ですので植木に関しましては
ハチが巣作りを開始し出す春先頃
からは定期的に点検及び剪定を
行って頂くことが重要です。

そして迅速にご対応となり該当の
植木内部を確認しますとやはり
コガタスズメバチの巣で大きさは
直径20cm以上に成長。

スズメバチ駆除植木

かなり頻繁にハチが巣へ出入り。

相当数のハチが羽化している状況
ですので巣に戻ってくる戻りバチに
注意を払いつつ、駆除実施。

スズメバチの巣駆除植木

巣の内部に薬剤注入し全ての
スズメバチたちを退治。

巣も跡形なく完全に除去。

巣の内部を確認しますと成虫
だけでも軽く六十匹以上。

幼虫やサナギ状態のものも多数。

数週間後にはハチの数は百匹以上に
増加していたことでしょう。

最終的に戻りバチの駆除を行いつつ
お家全域の調査も実施。

するとなんと別箇所の植え込み内に
アシナガバチが頻繁に出入り。

アシナガバチ駆除植え込み

間違いなく巣作りされている。

内部をよく調査しますと
そこには立派なアシナガバチの巣
があり直径10cm以上に成長。

合わせて駆除となり全ての
アシナガバチを駆除後、巣も撤去。

アシナガバチの巣駆除植え込み

そちらの植え込みもやはり長らく
剪定がされていない状況だったのです。

その他の箇所では巣作りされて
いないことを確認出来ましたので
ハチ駆除作業の完了です。

今回のケースのように植木などは
スズメバチだけに限らずアシナガバチ
にも標的となってしまいますので
必ず定期的に点検及び剪定を行って
頂くようお願い致します。





お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ