実際のハチ駆除レポートはこちら

高槻市ハチ駆除現場レポート

ハチ駆除レポート/高槻市



2022年4月19日(火)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府高槻市在住の男性。

つい最近になり,御自宅二階
ベランダにてハチの姿をよく
見かけるため,何処かに巣作り
されているのではないか!

ということでございました。

そちらのベランダでは定期的に
洗濯物を干したりで出入り
していたのですが,そんな
ハチの姿を目撃するのは
初めてのこと!

かなり気になって仕方のない
状況となってしまったのです。

ハチの種類は分からず。

恐らくハチの種類はアシナガバチ
あるいはスズメバチである
可能性が高いでしょう。

どちらもそろそろ長い冬眠から
目覚め,新たに巣作りを開始
し出す時期なのです。

ハチの種類によっては別の
要因もあるのですが,ほとんどが
新たに巣作りを開始し出す
時期となります。

地域によってはまだ巣作りを
開始しておらず,冬眠から
目覚めたばかりでその冬眠箇所
周辺にてしばらく生活している
ということもあります。

今回のお客様宅でも恐らく
上記のような状況であることは
間違いなさそう。

既に敷地内の何処かに巣作りを
行っているか,巣作りを行おうと
しているのか。

この時期はまだ働き蜂は存在
しませんので飛翔している
ハチは全てが女王蜂になるので
全てが巣作りを行うことになり
10匹見かけると,極端な話ですと
周辺にて10個の巣が存在する
ことになるということです。

気になって仕方のない状況なので
早急に調査駆除にお伺い。

現場に到着し,まずはしばらく
敷地内のハチの動向調査。

すると・・・

お客様宅ではない別箇所にて
ハチの飛翔を確認!

それはアシナガバチ。

しばらく動向を調査しましたが
お客様宅とは無関係。

ですが周辺にて巣作りを開始
している,あるいは巣作り
しようとしているということが
判明しました。

そして該当のベランダへ。

現時点ではハチの姿はなし。

仕方がないので一ヶ所ずつ
細部まで徹底的に調査。

アシナガバチに関して重要な
ポイントであるエアコン室外機周り。

ベランダ頭上の雨避け屋根。

軒下などなど。

全て問題なし。

そして次に屋上に設置されている
バルコニー部分。

こちらのような構造の物にも
ハチに巣作りされてしまう
ことがよくあるのです。

それはバルコニーの足元部分
つまり足元の裏側部分。

アシナガバチ駆除バルコニー死角

こちらは完全に雨風がしのげる
ポイントとなるのでハチに
とっては快適に暮らせる
スポットとなってしまうのです。

そしてバルコニーにて洗濯物
などを干す際,どうしても巣に
振動が伝わりやすくハチを
刺激してしまう営巣箇所でも
あるので巣作りされてしまうと
危険な箇所と言えるでしょう。

細部まで徹底的に調査。

するとやはり!

ありました,アシナガバチの巣!

裏側部分の死角となる箇所に
巣作りされておりました。

アシナガバチの巣駆除バルコニー死角

巣は作り立てで初期サイズ。

巣には一匹のアシナガバチ。

こちらが巣の主である女王蜂で
元々昨年の段階で周辺にて
巣作りされていた巣から
最終的に誕生した新女王蜂が
今年度に冬眠から目覚め,新たに
巣作りを行っているということです。

お客様が見かけていたハチと
いうのはこちらの巣のハチで
あった可能性も考えられますが
また別のハチであったことも
考えられます。

駆除実施で慎重に巣に最接近。

一気に薬剤散布で女王蜂駆除し
巣も跡形なく完全に除去。

念のため裏側全域には入念に
薬剤散布し,残留処理。

巣の内部を確認しますと
卵が産み付けられており
まだ全てが幼虫にも孵化
していない状況でした。

そしてここからは敷地内
その他の箇所も調査実施。

結果,現時点では他では巣作り
されていないことを確認
出来ましたので全ての
アシナガバチ駆除作業の完了。

しかし敷地外でもアシナガバチを
確認したのは事実ですし,周辺が
活発なアシナガバチの活動地域
となっているのは確かですので
今後も決して油断は出来ない
状況です。

ですので今後も定期的に敷地内
全域の点検を必ず行って頂き
巣作りされているのを発見
なさった際はその時点ですぐに
駆除を実施しておくことが
重要になります。





2021年8月8日(日)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府高槻市在住の女性。

御自宅ガレージの頭上雨避け屋根
部分にハチに巣作りされているのを
つい最近帰省なさってきた親族の
方がお気付きになられた!

ということでご連絡頂きました。

今まで全く気付くことがなかった!

そちらのガレージでは頻繁に
自転車の出し入れを行っていたの
ですが、全く頭上を気にする
ことがなかったので蜂の巣を
発見出来なかったのです。

そんなご指摘を受け、雨避け屋根
部分を確認したところ、なんと
すぐ頭上に蜂の巣があったので
かなり驚かれたのでした。

ハチの種類は詳しくお聴きした
結果、アシナガバチ。

巣の大きさは直径10cm程に
成長している。

そんな蜂の巣を発見してしまった
のでガレージへは近付くことが
出来なくなってしまったのです。

今回のケースのように普段生活
する上でまさかハチに巣作り
されているなんて誰もが思いもせず
そんなつもりで敷地内の点検など
なさらないので発見が遅れてしまう
ということはよくある事なのです。

そしてたまたま訪問してきた
第三者の方が異変に気付き
蜂の巣を発見するということも
よくある事なのです。

しかし発見出来たその頃には
既に蜂の巣は巨大化、そして
ハチの数もかなり増加して
しまっていたということが
ほとんどなのでそんな事態を
回避するためにも御自宅の敷地内
であれば定期的に全域の点検を
行っておくことが重要です。

巣作りされてしまった箇所に
よってはお隣様などご近所の
方などに影響が及んでしまう
こともあるため注意が必要です。

早急に駆除にお伺い。

現場にて該当のガレージを確認
しますと、頭上雨避け屋根部分に
巣作りされており、アシナガバチの巣。

アシナガバチ駆除ガレージ

巣は直径10cm程に成長しており
頻繁に巣へハチが行き来!

少し高さのある箇所でしたので
完全に見上げる必要があったので
なかなか気付くことが出来な
かったのです。

状況が把握出来ましたので
駆除実施。

慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除ガレージ

一気に薬剤散布で現時点で巣に
いるアシナガバチたちを全て駆除。

そして巣も跡形なく完全に除去。

ふと雨避け屋根部分その他の箇所も
調査しますと、過去に巣作りされて
いた初期サイズの巣も複数!

アシナガバチ駆除過去巣

やはり昨年以前からアシナガバチの
標的となっていたことが判明。

全ての巣を完全に除去完了。

ここからは巣に戻ってくる
戻りバチたちを地道に退治。

そして念のため敷地内全域
その他の箇所も細部まで調査。

結果、その他の箇所では現時点では
巣作りされていないことを確認。

最終的に戻りバチをほぼ退治
出来たところで全てのアシナガバチ
駆除作業の完了となりました。

アシナガバチの巣内部

これで安心して自転車の出入りを
行って頂くことが出来そうです。

今回のケースのように普段気にせず
生活している上で知らず知らずの
うちにハチに巣作りされてしまって
いたという事態はよく発生します
ので出来る限り定期的に全域の
点検を行っておくことが重要です。

営巣箇所によっては第三者の方々に
影響が及んでしまうこともあるので
十分ご注意下さい。





2021年6月26日(土)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府高槻市在住の女性。

御自宅二階ベランダの窓サッシ
下部辺りに蜂の巣があるのを
発見してしまった!

ということでご連絡頂きました。

そちらの箇所というのが放置物の
物陰に隠れる形となっていたため
なかなか気付くことが出来なかった
のです。

そしてそちらのベランダはほぼ
普段使用されていなかったので
ハチの標的となりやすかったのです。

ハチの種類は詳しくお聴きした
結果、アシナガバチで間違いなし。

巣の大きさは最接近することが
出来ないので把握出来ず。

恐らく時期的に巣の大きさは
テニスボール大程に成長しており
ハチの総数もかなり増加
していることでしょう。

ほんのひと月程前までは巣の
内部の幼虫たちが羽化して
いなかったので働き蜂が誕生
しておらず,危険性は最も
低かったのですがこの時期に
なり続々と働き蜂が誕生し出して
いるのでそれだけ危険性が
高まっているのです。

ハチの数が増加しているという
ことは巣作り及び子育てを大勢で
行うことになるのでそれだけ
サイクルが速くなっていく
というわけです。

働き蜂たちが誕生し出すと
巣が大きくなるのもハチの
総数が増加するのも本当に
あっという間なのでこの時期
以降は早急に対処する必要が
ございます。

今回巣作りされていたのは
普段ほぼ使用されていない
ベランダだったのですが
こういった状況の場合は
かなりの確率でアシナガバチに
巣作りされてしまいますので
もしもそのようなベランダが
存在する場合は定期的に点検を
行っておくことが重要です。

そしてそういったベランダの
場合は出入りする窓サッシの
足元下部に巣作りされることが
よくあり,刺される確率の高い
営巣箇所となります。

巣作りされていることに気付かず
ベランダへ出た際にふくらはぎを
刺されてしまうというわけです。

毎年そのような状況でアシナガバチに
刺されてしまわれる方がおりますので
普段使用されていないベランダへ
久々に出る際は足元には十分注意
頂く様お願い致します。

今回のお客様宅では実はハチに
巣作りされるのは初めてではなく
昨年以前にも別箇所にて巣作り
されたことがあるということでした。

これはアシナガバチの典型的な
例となり毎年のように巣作り
されてしまったり,複数箇所に
巣作りされてしまうといった
事態がよく発生するので過去に
アシナガバチに巣作りされた
ことのあるご家庭は特に敷地内
全域の点検を定期的に行う
ことが重要でございます。

早急に駆除にお伺い。

該当のベランダを確認しますと
それは普通にベランダへ出ただけ
では確認することの出来ない
死角となる箇所に巣作り!

アシナガバチの巣で間違いなく
巣はテニスボール大に成長。

アシナガバチ駆除ベランダ

想定通り働き蜂も多数羽化!

今回は足元の窓サッシ下部
ではなかったのでまだ不幸中の
幸いでしたが営巣箇所が少しでも
ずれていたらかなりの確率で
刺されていたかもしれない。

そんな状況だったのです。

早速駆除実施で慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除ベランダ

一気に薬剤散布で巣にいる
全てのアシナガバチたちを駆除。

そして巣も跡形なく完全に除去。

アシナガバチの巣完全除去

今回は夜間にお伺いとなったので
戻りバチに気を使う必要はなし。

巣の内部を確認しますと
まだまだ幼虫もサナギも多数
でしたので今後更にハチの数は
増加していたことでしょう。

アシナガバチの巣サナギ

念のためベランダ全域には
まんべんなく薬剤散布し
残留処理実施。

最終的に敷地内全域も調査。

すると現時点では他では営巣の
確認はございませんでしたが
やはり以前に巣作りされていた
痕跡がチラホラ。

周辺がかなり活発なアシナガバチの
活動地域となっているということ
なので今後も定期的に全域の
点検を行って頂く必要が
ありそうです。

そして巣作りされているのを
発見なさった際は放置する
ことなくその時点ですぐに
駆除を実施しておく
ことが重要です。





2020年10月29日(木)

駆除のご相談を頂きましたのは
とある弁護士法人様。

現在事情により完全な空き家状態と
なってしまっているお宅にハチに
巣作りされているかもしれない!

ということでご連絡頂きました。

きっかけは現在そちらの物件は
弁護士法人様が相続されている形に
なっているのですが,自治体を通じ
裁判所に連絡が入り,そしてお客様に
連絡が入ったということだったのです。

自治体に連絡したのはそちらの
物件のご近所様。

周辺ではかなり多数のハチが飛び回り
空き家物件のみならず,周辺のご近所の
方々にもかなり影響が出てしまっている
状況だったのです。

そして中にはハチに刺されてしまった
ご近所の方も!

これは危険と判断し自治体に連絡
なさったのでした。

ハチの種類はミツバチ。

そして巣作りされているであろう箇所
というのが空き家物件の床下内。

床下へと通じる通気口から大多数の
ミツバチが出入りしているということ。

そちらの通気口が物件前の通りに面した
箇所に位置していたため,通りを通行
される方々にかなり影響が及んで
しまっていたのでした。

ミツバチに関しては貴重な存在であると
言えるのですが,一度住宅敷地内が
標的となってしまうとかなり厄介な
事態に陥ってしまうのです。

もしも巣作りされてしまう場合は
営巣箇所というのが今回のように
床下内や天井裏内などであることが
多いので駆除実施となってもそれなりに
大掛かりな作業となるのです。

そしてスズメバチなどと違い,ミツバチは
一年限りで巣の活動が終了するという
わけではなく,複数年に渡ってそちらで
生活することになり,そして巣には大量の
蜜が蓄えられ,もしも天井裏内であれば
きっかけがあれば巣が落下してしまう
ことがあり,そうなっては室内の天井から
蜜が染み出し,お部屋がとんでもない
状況に陥ってしまうこともあるのです。

中には落下した巣の重みによって
天井が抜けてしまい,室内にミツバチが
ブンブン状態!

といった最悪な状況に陥ってしまった
お客様もおられたほどです。

ですので御自宅敷地内にてミツバチに
巣作りされてしまった場合は放置する
ことなく,出来る限り早期に駆除しておく
ことが重要になります。

そしてミツバチに関してはハチの総数が
他のハチと比べ,桁違いに多く数千から
数万匹に達するので一度住宅街などに
発生するとご近所様なども巻き込み
大変な事態に陥ってしまうことに
なるので要注意となります。

今回も正にそんな状況だったのです。

既に被害が発生してしまっているので
早急に駆除にお伺い。

現場は大阪府高槻市。

現地に到着するなりかなりミツバチが
ブンブン状態!

該当の床下通気口を確認しますと
頻繁に床下内へミツバチが出入り!

ミツバチ侵入口床下

巣作り確定。

かなり出入りしているため,側の通りを
通行することはかなり危険な状況!

状況が把握出来ましたので駆除実施。

床下内から慎重に営巣箇所付近へ接近。

ほふく前進で移動するため,身動きが
取れず,かなり困難な作業となります。

営巣箇所付近は完全に基礎で仕切
られていたため接近することは出来ず。

ミツバチ駆除床下

とりあえず一気に薬剤散布!

するとやはりハチの総数は桁違い!

かなり長時間を要しましたがなんとか
全てのミツバチを駆除完了。

駆除出来たところで営巣箇所付近の
床面を開口。

そして床下内を確認しますと
ありました、ミツバチの巣。

床下内にて8層ほどに成長!

ミツバチの巣駆除床下

きれいなミツバチの巣。

こちらにも!

ミツバチの巣駆除床下

ですがよく調査した結果,なんと床下
部分のみならず上部の壁面内部にまで
巣は達していたのです!

ミツバチの巣駆除床下

壁面内部には計6層ほどの巣が存在し
1層のサイズはかなり成長!

ミツバチの巣駆除床下

どうやら状況から判断して今シーズンに
新たに巣作りされたというよりは
数年前から既に巣作りされていた
可能性が考えられました。

大量の蜜がボトボト状態なのでかなり
大変な作業でしたがなんとか撤去完了。

そして死骸もほぼ回収。

なんとミツバチの総数は軽く
1万匹程が存在!

ミツバチの巣

やはり恐ろしい・・・

夜間に駆除実施となったので戻りバチに
気を使う必要は無し。

最終的に侵入口であった通気口を通気を
確保しつつ完全に閉鎖完了。

なんとか全てのミツバチ駆除作業の完了。

これでようやくご近所の方々には
安心して頂くことが出来そうです。

今回のように住宅街にミツバチに巣作り
されてしまうと間違いなく対象のお宅
以外のご近所様などにも影響が及んで
しまうこととなるのでもしも巣作りされて
しまった場合はその時点ですぐに駆除を
実施しておくことが重要です。





2020年9月27日(日)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府高槻市在住の女性。

御自宅二階の窓サッシ下部にハチに
巣作りされてしまった!

ということでご連絡頂きました。

そんな蜂の巣を発見なさったのは
ご本人様ではなく,お隣様だったのです。

そしてご指摘を受けた。

そんなご指摘を受け,確認したところ
そこには蜂の巣があったのでかなり
驚かれたのでした。

ハチの種類は詳しくお聴きした結果
アシナガバチで間違いなし。

巣の大きさは直径10㎝前後。

ハチに巣作りされていたなんて今まで
全く気付かなかった・・・

そちらの箇所というのが裏手に位置
していたため,なかなか発見が困難
だったのです。

しかしお隣様からすると二階の窓
すぐ側に位置していたため,かなり
影響が出てしまっていたのです。

今回のようにハチに巣作りされて
しまった対象のお宅には何の影響も
無くても営巣箇所によってはお隣様
ご近所の方や,更には通行人の方々に
かなり影響が出てしまうという事態が
発生することがあるのです。

そうなっては大変な事態に発展して
しまうこともあるので敷地内であれば
定期的に全域の点検を行っておき
少しでも異変を感じた際はその時点で
すぐに駆除をご検討頂くことが
重要になります。

そして死角となりがちな敷地内裏手も
忘れずに点検しておくことが重要です。

住宅街などであればお隣通しが隣接
していることがほとんどなので特に
注意が必要です。

早急に駆除にお伺い。

現場にて該当箇所を確認しますと
裏手の二階雨戸サッシ下部に巣作り!

アシナガバチ駆除雨戸サッシ

普段普通に生活しているだけでは
なかなか発見は困難な箇所。

アシナガバチの巣で間違いなく
巣の大きさは直径10㎝程。

時期的に巣の内部のハチは全てが
羽化している状況。

やはりお客様宅には何の影響も無い
箇所だったのですが,お隣様の窓の
すぐ側でしたのでお隣様にはかなり
影響が出てしまっている状況でした。

スペース的に少し困難でしたが
慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除雨戸サッシ

一気に薬剤散布で全てのアシナガバチ
たちを即効で駆除。

そして巣も跡形なく完全に除去。

アシナガバチの巣完全除去

ここからはこちらへ戻って来る
戻りバチがおればその都度駆除実施。

念のため敷地内全域のその他の箇所も
細部まで調査。

結果,その他の箇所では巣作りされて
いないことを確認出来ましたので
最終的に戻りバチをほぼ退治出来た
ところで全てのアシナガバチ駆除
作業の完了となりました。

これでお隣様も安心して頂くことが
出来そうです。

今回のケースのように自宅敷地内の
裏手などにハチに巣作りされてしまうと
気付かぬうちに巣は巨大化し,住宅街で
あればお隣様などにかなり影響が及んで
しまうこともあるので,そんな事態を
回避するためにも春先頃からは定期的に
敷地内全域の点検を行っておくことが
重要になります。

そして蜂の巣を発見なさった際は
放置することなく,その時点ですぐに
駆除を実施しておくことが重要です。





2020年6月17日(水)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府高槻市在住の女性。

御自宅二階ベランダの足元裏側部分に
ハチに巣作りされてしまった!

ということでございました。

足元裏側、つまり一階からすると
頭上に位置する箇所。

ハチの種類は詳しくお聴きした結果
アシナガバチで間違いなし。

巣の大きさは直径5cm前後で巣には
複数のアシナガバチの姿がある。

時期的に巣の内部の幼虫たちが複数
羽化しており、働き蜂たちが誕生
し出しているということです。

ほんの二週間前後前までは巣の内部の
幼虫たちが全く羽化していない状況
だったので巣に対してハチの数が
女王蜂一匹のみだったのです。

ですがそろそろ巣の内部の幼虫たちが
羽化し出す時期となったので、今後は
芋づる式にハチの数は増加していって
しまうこととなるのです。

それに合わせて巣もあっという間に
大きくなっていってしまいますので
この時期以降は出来る限り早期に
巣を発見しておき、早期に駆除を
行っておくことが重要になります。

敷地内に巣作りされてしまった場合
営巣箇所によっては対象のお宅には
何の影響も無くても、お隣様など
ご近所の方々にかなり影響が出てしまう
こともあるので御自宅敷地内であれば
そういった観点からも定期的に点検を
行っておくことが重要です。

早急に駆除にお伺い。

現場にて該当箇所を確認しますと
それはやはりアシナガバチの巣。

二階ベランダの足元裏側部分の窪みに
巣作りされておりました。

アシナガバチ駆除ベランダ裏

巣の大きさは直径5cm以上。

働き蜂が複数生まれているようで
頻繁に巣へ出入り!

あと一月も経過していれば状況は
更に危険な事態に陥っていたことでしょう。

状況が把握出来ましたので駆除実施。

慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除ベランダ裏

そして一気に薬剤散布で現時点で
巣にいるアシナガバチを全て駆除。

巣も跡形なく完全に除去完了。

巣の内部を確認しますと羽化した
働き蜂の総数が把握出来ますので
それに合わせて戻りバチの駆除も
地道に実施。

アシナガバチの巣内部

ここからは敷地内全域のその他の箇所
も細部まで調査実施。

するとエアコン室外機内部には
1cm程の初期の初期のアシナガバチの
巣の過去の物も存在。

やはり以前からアシナガバチの標的と
なっていたということです。

その他の箇所も細部まで調査させて
頂きましたが、現時点では新たに
巣作りされていることは無いことを
確認出来ましたので全てのハチ駆除
作業の完了となりました。

そろそろアシナガバチでも巣の内部の
幼虫たちが多数羽化してくる時期と
なりましたので巣作りされてしまった
場合は早期に駆除を実施しておく
ことが重要でございます。

今一度御自宅敷地内全域の点検を
行って頂き、少しでも異変を感じた
際はその時点で駆除をご検討頂く様
お願い致します。





2020年6月13日(土)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府高槻市在住の男性。

御自宅一階の軒下付近に蜂の巣らしき
物を発見した!

ということでご連絡頂きました。

それは茶色の真ん丸の物体から先端が
筒状に伸びている変わった物体。

紛れもなく蜂の巣でスズメバチの巣
になります。

スズメバチの中でもコガタスズメバチ
という種類なのです。

コガタスズメバチに関しては5月頃から
この時期にかけての巣を作りたての
初期の段階では巣が独特な形状で
トックリや一輪挿しの花瓶などを
逆さにしたような形状なのです。

今回もまさにその初期の段階の
コガタスズメバチの巣になります。

この状況の段階ではまだ巣の内部の
幼虫たちは羽化していない事がほとんど
なので働き蜂は誕生しておらず、巣に
対して女王蜂が一匹のみの状況なのです。

これが時が経過し働き蜂たちが誕生
し出すと巣の先端部分は取り除かれ
真ん丸のスズメバチの巣になり
大きくしていくというわけです。

女王蜂が一匹のみの段階では巣作りや
子育てを一匹のみで行っているので
サイクルは最も遅いのですが働き蜂
たちが誕生し出すと皆で協力して
行うことになるので一気に巣は巨大化
していき、それに合わせてハチの数も
増加していってしまうのでこの時期に
巣を発見し早期に駆除出来るかで
状況は大きく左右されることになる
というわけです。

ですのでこの時期から定期的に御自宅
敷地内全域の点検を行っておく
ことをおすすめ致します。

今回のお客様はまだ初期の段階で
早期に発見出来,すぐに駆除をご決断
なさったので良かったということです。

迅速に駆除にお伺い。

現場にて該当の軒下を確認しますと
やはりコガタスズメバチの巣!

独特な形状で先端部分が筒状に
伸びている状況。

コガタスズメバチ駆除軒下

そちらの巣の横にはスズメバチの巣の
根元のみの痕跡が存在。

お客様に確認したところ,どうやら
数年前にもそちらにスズメバチに
巣作りされていたということでした。

当時のスズメバチと今回のスズメバチ
とはほぼ無関係なのですが,こちらの
痕跡がサインとなってしまった可能性
も考えられます。

こういった事態もよく発生することで
痕跡や空っぽの巣をそのまま放置
していると,極端な話ではそちらの
すぐ真横に巣作りを開始されたりする
ことがあるので,こういった痕跡や
空っぽの蜂の巣でも出来る限り
跡形なく完全に除去しておくことが
重要になります。

早速駆除実施で慎重に巣に最接近。

コガタスズメバチの巣駆除軒下

内部にスズメバチが存在するかどうかの
確認も含め,一気に内部に薬剤注入!

するとハチの羽音!

タイミングよく内部にスズメバチが
いてくれました。

逃さず駆除実施。

そして巣も跡形なく完全に除去。

過去の痕跡も完全に除去完了。

巣の内部を確認したところ,やはり
想定通りまだ幼虫たちは一匹も
サナギ状態にもなっていなかったので
こちらの巣に対して女王蜂が一匹のみ
の状況であったということです。

これでこちらのコガタスズメバチの
巣に関しては完全に駆除完了出来た
ということです。

念のため敷地内その他の箇所全域も
細部まで調査し他では巣作りされて
いないことを確認出来ましたので
全てのスズメバチ駆除作業の完了。

コガタスズメバチに関しては毎年の
ように巣作りされるということは
あまり発生しませんが,今後も定期的に
全域の点検を行って頂き,巣作りされて
しまったとしても今回のように早期に
発見し早期に駆除しておくことが
重要でございます。





高槻市内ハチの巣駆除レポート

お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ