実際のハチ駆除レポートはこちら

豊中市現場レポートはこちら

ハチ駆除レポート/豊中市



2022年4月17日(日)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府豊中市在住の女性。

御自宅二階ベランダに設置
されている屋上に上がるための
階段部分にハチに巣作りされて
いるのをつい最近に発見なさった
ということでございました。

階段部分,つまり階段の真裏部分
に巣作りされているということ。

階段ということはやはり上り下り
する度にかなり蜂の巣に振動が
伝わってしまうことになります。

そしてハチを刺激してしまい
かなりの確率で襲われることに
なってしまうのです。

階段の真裏部分など覗きこむ
ことはまずないと思いますので
どうしても発見が遅れてしまい
巣が巨大化してしまうポイント
になります。

今回のお客様はたまたまハチが
そちらの階段裏へと侵入していく
のを確認出来たため,巣作り
されていることに気付くことが
出来ました。

もしも異変に気付くことが出来ず
このまま放置されていたら
いずれ襲われ刺されていた
可能性もあったでしょう。

そして更にこの時期に早期に
発見出来たのも良かったのです。

この時期はまだ女王蜂が新たに
巣作りを開始したてになるので
まだ巣の大きさは初期サイズで
そしてハチの総数も巣に対して
女王蜂が一匹のみの状況なのです。

ですのでそれだけ危険性を
最小限に抑えられるという
ことになるのです。

これがもしもあと数か月発見が
遅れてしまっていれば巣の
内部の幼虫たちが続々と羽化
しているので巣に対しての
ハチの総数が増加しており
それだけかなり危険性が
増大しているからです。

過去にはそんな状況で気付かず
階段を上がった際,突然ハチに
襲われ一気に刺されてしまった
というお客様もおられました。

ですので屋外に設置されている
階段が存在する場合はハチに
巣作りされてしまう可能性が
ございますので定期的に裏側を
点検しておくことが重要です。

過去に敷地内にて巣作りされた
ことのある方などは特に
定期的に点検を行っておく
ことが重要でしょう。

ベランダに出られない状況
ですので迅速に御対応。

現場にてベランダ該当の
階段部分を確認。

すると・・・

それはやはりアシナガバチの巣
で間違いなく,なんと一ヶ所
のみならず,二ヶ所に渡り
巣作りされていたのです!

アシナガバチ駆除階段裏

それは屋上へ階段を上がる際は
必ず巣に振動が伝わってしまう
かなり危険な箇所でした。

双方共に今シーズンに巣作り
されたもので間違いなく
それぞれ巣にはアシナガバチの
女王蜂の姿を確認。

アシナガバチの巣駆除階段裏

これらのアシナガバチの女王蜂は
昨年の段階で周辺に巣作り
されていた巣より誕生した
女王蜂で間違いございませんので
周辺が活発なアシナガバチの
活動地域となっているという
ことになります。

双方共にやはり巣のサイズは
初期サイズでまだ巣の内部
からは働き蜂は誕生しておらず
巣に対してハチの総数は
女王蜂一匹のみの状況。

早期に発見出来て良かった
と言えます。

早速駆除実施で巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除階段裏

一気に薬剤散布で巣にいる
アシナガバチを退治。

そしてもう一方も駆除。

巣も跡形なく完全に除去。

巣の内部を確認しますと
双方共に卵が産み付けられて
おり,まだ一匹も幼虫にも
孵化していない状況。

アシナガバチの巣内部

これでこれらの巣に関しては
完全に駆除完了出来た
ということになります。

念のため敷地内全域の調査。

細部まで調査させて頂いた結果
幸いその他では現時点では
巣作りされていないことを
確認できましたが,やはり
軒下等には過去に巣作りされて
いた痕跡も確認。

以前からアシナガバチの標的と
なっていたということです。

全域には薬剤散布し巣を
作られにくい環境を構築。

状況から判断して今後も
決して油断出来ない状態
でしたのでお客様には
今後の注意点などくまなく
ご説明させて頂き,定期的に
点検を行って頂く様お願い。

このようにしてアシナガバチ
駆除作業の完了となりました。

今年度もそろそろアシナガバチも
活発に巣作りを開始し出す
時期となりましたのでこの
時期から定期的に敷地内
全域の点検を行って頂き
蜂の巣を発見なさった際は
その時点ですぐに駆除をご検討
頂くことが重要です。





2020年9月18日(金)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府豊中市在住の男性。

現在お住まいのお宅にハチに巣作り
されてしまったというわけではなく
しばらく前までお住まいだった
売り物件にてハチに巣作りされている
のを発見したということでした。

今回たまたまそちらの物件を訪問した
ところ、玄関先にて頻繁にハチの姿を
見かけ、そしてそのハチの行き先を
確認してみたところ、なんとそこには
蜂の巣があったのでかなり驚かれた
のでした。

ハチの種類は詳しくお聴きした結果
アシナガバチ。

巣の大きさは直径15cm前後に成長!

玄関先足元の外壁部分にこびりつける
形で巣作りされている。

巣には大多数のハチの姿がある。

時期的に巣の内部の幼虫たちはほぼ
全てが羽化しており、ハチの総数は
最大に増加している状況。

今回はしばらく空き家状態になって
しまっている状況なので特にハチの
標的となりやすかったのですが
どうしてもやはり巣は巨大化、そして
ハチの総数もかなり増加してしまう
こととなるのです。

そして発見出来た時点ではとんでもない
状況に陥ってしまっていたという
こともよくある事態なのです。

所有者の方あるいは管理会社様が
発見することもあれば、最も多いのが
住宅街などであればお隣様あるいは
ご近所の方が蜂の巣を発見すると
いうことです。

住宅街などであればやはり住宅どおしが
隣接しているので空き家物件に巣作り
された場合、営巣箇所によっては
お隣様などにかなり影響が及んでしまう
こととなるのです。

中には空き家物件の蜂の巣が原因で
ご近所の方が刺されてしまい、大変な
事態に発展してしまうこともあるので
かなり要注意となります。

事情により空き家となってしまって
いる物件の所有者の方はハチに巣作り
されてしまう恐れがあるという観点
からも出来る限り定期的に訪問し
全域の点検を行っておくことが重要です。

早急に駆除にお伺い。

現場にて該当箇所を確認しますと
それはアシナガバチの巣で間違いなく
足元外壁に巣作り。

生い茂っている雑草により少し
死角となってしまっている状況。

アシナガバチ駆除玄関先

巣の大きさは直径15cm程に成長
しており、ハチの総数もかなり多数!

状況が把握出来ましたので駆除。

慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除玄関先

一気に薬剤散布で全てのアシナガバチ
たちを即効で駆除。

そして巣も跡形なく完全に除去。

アシナガバチの巣完全除去

巣の内部を確認しますとほぼ全ての
ハチが羽化しておりましたがまだ
複数の幼虫とサナギの姿も。

アシナガバチの巣内部

ここからは巣に戻ってくる戻りバチを
地道に駆除実施し、空き家物件という
こともあり、全域の調査。

細部まで全て調査させて頂いた結果
幸い他では巣作りされていないことを
確認出来ました。

最終的に戻りバチを全て退治出来た
ところでアシナガバチ駆除作業の完了。

今回のケースのように普段ほぼ
人気のない空き家物件というのは
ハチの標的となりやすく,巣が巨大化
しやすい状況なのでお隣様などに
影響が及んでしまうのを防止する
ためにも,所有者の方は定期的に
訪問し敷地内全域の点検を行っておく
ことが重要になります。

そして蜂の巣を発見なさった際は
その時点ですぐに駆除を実施しておく
ことが重要でございます。





2020年8月12日(水)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府豊中市在住の男性。

御自宅二階ベランダに設置されている
エアコン室外機内部に巣作りされて
しまっている!

ということでご連絡頂きました。

そちらのエアコンというのは夜間
のみ使用されており,日中はほぼ
使用されていない状況。

そしてつい最近に日中にベランダへ
出た際,頻繁にハチの姿を確認!

するとなんと室外機内部に頻繁に
出入りしていたのです!

恐る恐る内部を確認してみたところ
なんとそこには蜂の巣があった!

ハチの種類はアシナガバチ。

夜間にはエアコンを使用していたのに
通常通りの生活を行っている。

ということはファンが巣に接触しない
箇所にうまく営巣されているという
ことになります。

そして夜間はハチの活動は停止します
のでファンが回ったとしても巣にて
留まり続けていたということです。

翌朝になればエアコンは停止しますので
通常通りの生活を行うことが出来て
いたのです。

偶然が重なり,知らず知らずのうちに
巣は巨大化,ハチの総数もかなり増加
してしまうこととなったのです。

今回のようにエアコン室外機周りと
いうのは周辺が活発なアシナガバチの
活動地域となっていれば,かなりの
確率で巣作りされてしまうポイント
となります。

本体内部に巣作りされてしまうことも
あれば,外部の死角となる底面部分や
ホース部分など全体がアシナガバチに
巣作りされてしまうポイントとなるので
要注意となります。

エアコンを使用なさっているご家庭で
あれば必ず屋外に室外機が設置されて
いますので春先頃からは定期的に点検を
行っておくことが重要です。

そして内部に侵入されるのは4月から
6月頃のエアコンを使用していない期間に
最も多くなりますので,7月頃にエアコンを
使用し始める際は必ず内部にハチが
出入りしていないかどうかをよく確認して
から使用して頂くことも重要です。

早急に駆除にお伺い。

該当の室外機を確認しますと頻繁に
アシナガバチが内部へ出入り!

アシナガバチ駆除室外機

慎重に内部を調査したところ
ありました,アシナガバチの巣!

やはりファンが接触しない最奥部分に
巣作りされており,巣の大きさは
直径10㎝以上に成長!

ハチの総数もかなり増加!

早速駆除実施。

一気に内部に薬剤注入し相当数の
アシナガバチたちを全て駆除。

駆除出来たところで室外機を分解。

すると上部にこびりつける形で
巣作りされておりました。

アシナガバチの巣駆除室外機

跡形なく完全に除去。

アシナガバチの巣完全除去

そして死骸も全て回収。

巣の内部を確認しますとまだまだ
幼虫もサナギも多数!

アシナガバチの巣内部

ここからは巣に戻って来る戻りバチを
地道に駆除実施し,念のため敷地内
全域の調査も実施。

結果,他では現時点では巣作りされて
いないことを確認出来ましたので
最終的に戻りバチをほぼ退治し
全てのアシナガバチ駆除作業の完了。

これで安心してエアコンを使用して
頂くことが出来そうです。

今回のようにエアコン室外機周り
というのはアシナガバチの絶好の
営巣ポイントとなりますので
敷地内に設置されている室外機の
点検を春先頃からは定期的に実施
して頂く様お願い致します。





2020年7月27日(月)

駆除の御依頼を頂きましたのは
とある不動産管理会社様。

管理されているマンション物件の
敷地内に設置されている貯水槽部分に
ハチに巣作りされてしまっている!

ということでご連絡頂きました。

そちらの箇所というのがマンション
共用廊下に隣接しているため
入居者の方々にかなり影響が出て
しまっている状況だったのです。

ハチの種類は詳しくお聴きした結果
アシナガバチで間違いなし。

巣の大きさは把握出来ておらず。

時期的にもしも春先頃から巣作り
していたのであれば巣の大きさは
恐らく直径10cm前後に成長しており
ハチの総数もかなり増加している
ことでしょう。

今回のようにマンションというのも
周辺が活発なアシナガバチの活動地域
となっていれば、よく巣作りを行う
ポイントとなり、入居者様宅ベランダ
であったり、敷地内の植え込みなど
至る箇所が標的となりますので
管理されている方などは定期的に
敷地内の点検を行っておくことが
重要になります。

入居者様に影響が出てしまっている
状況なので迅速に御対応。

大阪府豊中市のとあるマンション。

現場にて該当の貯水槽を確認。

するとアシナガバチの巣で間違いなし。

貯水槽頭上部分に巣作り!

アシナガバチ駆除貯水槽

そちらの箇所というのがちょうど
共用廊下のすぐ側なので危険な状況!

巣の大きさはかなり成長しており
直径10cm以上。

ハチの総数も多数。

貯水槽周りを確認したところ
更になんと!

裏側部分の死角となる頭上にも!

アシナガバチ駆除貯水槽

同じくアシナガバチの巣!

こちらも巣は直径10cmに届く程に成長!

貯水槽がかなり標的となっていた!

状況が把握出来ましたので駆除実施。

慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除貯水槽

戻りバチが多数なので注意を払いつつ
一気に薬剤散布で現時点で巣にいる
全てのアシナガバチたちを駆除。

そして巣も完全に跡形なく除去。

更にもう一方も駆除で慎重に最接近。

アシナガバチの巣駆除貯水槽

薬剤散布で全てのアシナガバチを駆除。

巣も跡形なく完全に除去。

周辺を調査した結果、過去に巣作り
されていた痕跡も複数存在しました
のでどうやら昨年以前からこちらの
貯水槽が標的となっていたということが
判明しました。

その後は多数の戻りバチたちを地道に
駆除実施し、念のため敷地内全域の
調査も実施。

すると、現時点では巣作りされて
いなかったのですが、共用廊下など
複数箇所にアシナガバチの巣の痕跡が
存在しましたので貯水槽のみならず
やはり敷地内が以前から標的と
なっていたということです。

最終的に双方の巣に戻ってくる
戻りバチたちを地道に退治しほぼ
駆除出来たところで全てのアシナガバチ
駆除作業の完了。

巣の内部を確認しますと双方共に
まだまだ幼虫もサナギも多数でした
ので今後更にハチの総数は増加していた
はずですがなんとかそれは阻止。

アシナガバチの巣サナギ多数

今回のケースのようにマンション
敷地内というのもアシナガバチに
巣作りされてしまうことがあり
営巣箇所によっては入居者様などに
影響が出てしまうこともあるので
管理者の方は定期的に訪問し全域の
点検を行っておくことが重要です。





2020年6月15日(月)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府豊中市在住の女性。

御自宅はマンションの一階なのですが
ベランダに設置されているエアコン
室外機部分にハチに巣作りされて
いるのを発見してしまった!

ということで、室外機裏のホース部分に
ぶら下げられているということ。

ハチの種類はアシナガバチ。

巣の大きさは直径5cm前後。

巣には数匹のハチの姿がある。

エアコン室外機。

アシナガバチに関してかなり重要な
ポイントとなります。

今回のように真裏のホース部分に
ぶら下げることもあれば、底面の
死角となる箇所、あるいは背面の
本体部分、そして最も厄介なのが
室外機本体内部に侵入し内部に巣作り
されてしまうこともあるのです。

本体内部に巣作りされてしまうのは
アシナガバチが巣作りを開始し出す
4月頃から6月頃までの間が多くなります。

その時期というのはまだエアコンを
使用されていないご家庭がほとんど
なのでその期間に内部に侵入され
巣作りされてしまうというわけです。

年中全くご使用になられていない
エアコンがあれば特に要注意となり
ますのでそのようなエアコン室外機
には対策が必須となります。

洗濯物を干せない状況なので
迅速に駆除にお伺い。

該当のベランダを確認しますと
それはエアコン室外機背面部分の
ホースにぶら下げる形で巣作りされて
おり、アシナガバチの巣。

アシナガバチ駆除エアコン室外機

巣は初期サイズですが既に巣の内部の
幼虫たちが数匹羽化しており働き蜂
が誕生している状況。

状況が把握出来ましたので駆除実施。

慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除室外機

一気に薬剤散布で現時点で巣にいる
アシナガバチたちを全て駆除。

巣も跡形なく完全に除去。

巣の内部を確認しますと数匹は
羽化しており、その他のサナギが
羽化するのも時間の問題だった
ことでしょう。

アシナガバチの巣内部

ここからは巣に戻ってくる戻りバチを
地道に退治し、念のためベランダ
全域のその他の箇所も細部まで調査。

するとベランダの片隅には根元のみの
アシナガバチの巣の痕跡が存在。

やはり以前から標的となっていた
ことが判明。

現時点で巣作りされていることは
無かったので全てのアシナガバチ
駆除作業の完了となりました。

今回のケースのようにエアコン
室外機というのはかなりの確率で
アシナガバチの標的となり,エアコンを
設置されているご家庭であれば必ず
屋外に室外機が設置されていますので
もしも過去にアシナガバチに巣作り
されたことのあるご家庭や,ご近所にて
そのような話を耳にされたことのある
方は特に要注意となりますので
定期的に点検を行っておくことが
重要でございます。





豊中市内ハチの巣駆除レポート

お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ