実際のハチ駆除レポートはこちら

和歌山市ハチ駆除現場レポート

ハチ駆除レポート/和歌山市



2019年10月26日(土)

駆除の御依頼を頂きましたのは
とある不動産管理会社様。

管理されている空き家物件にて
ハチに巣作りされているのを発見した!

ということでご連絡頂きました。

ハチの種類はスズメバチ。

巣の大きさは直径20cm前後。

一戸建て物件の一階軒下部分に
こびりつける形で巣作りされている!

空き家物件ということもあり
普段ほぼ人の出入りが無いので
全く気付くことが出来なかったのです。

幸い今回はそれほどお隣様などに
隣接した箇所では無かったので
第三者の方々に影響が出ることは
ほぼございませんでした。

空き家物件にハチに巣作りされる
ということはよく発生する事態で
巣作りされてしまった箇所によっては
お隣様などご近所の方々にかなり
影響が出てしまうことがあるのです。

被害が発生する前に蜂の巣を発見
出来れば良いのですが、中には第三者の
方が刺されてしまってから原因の
蜂の巣を発見するということもあり
そうなってしまっては大変な事態に
発展してしまうことがあるので
かなり要注意となります。

近年空き家物件が増加しておりますが
ハチに巣作りされてしまうという
観点からも、所有者の方は定期的に
訪問し全域の点検を行っておくことが
重要になります。

早急に駆除にお伺い。

現場は和歌山県和歌山市。

該当の軒下を確認しますとそれは
コガタスズメバチの巣。

軒下にがっちりと巣作り。

コガタスズメバチ駆除空き家

巣の大きさは直径20cm以上。

しばらくハチの動向を調査したところ
ほぼスズメバチの出入りはなし。

早速駆除実施で慎重に巣に最接近。

コガタスズメバチの巣駆除空き家

一気に薬剤注入で内部のスズメバチ
たちを全て駆除。

そして巣も跡形なく完全に除去。

巣の内部を確認しますと数匹程度の
サナギが存在するのみで成虫の
スズメバチも数匹程度。

コガタスズメバチの巣内部

恐らくほぼ全てのスズメバチたちが
既に飛び立った後で残りのスズメバチ
たちがこちらで生活していたという
ことのようです。

その後は念のためその場でしばらく
待機し、戻りバチがおれば駆除。

そして空き家物件ということもあり
その他の箇所も細部まで調査。

結果、他では巣作りされていない
ことを確認出来ましたので全ての
スズメバチ駆除作業の完了。

今回は空き家物件に巣作りされて
おりましたが幸いにもお隣様などには
被害は発生していなかったので
不幸中の幸いでした。

しかし空き家物件にハチに巣作り
されてしまった場合、発見が遅れて
しまうのに加えて第三者の方に影響が
出てしまうことが多々あるため、所有者
の方は十分注意して頂く様
お願い致します。





和歌山市内ハチの巣駆除レポート

お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ