実際のハチ駆除レポートはこちら

蜂の巣駆除具体例八尾市

ハチ駆除レポート/八尾市



2021年10月4日(月)

駆除の御相談を頂きましたのは
大阪府八尾市在住の女性。

現在お住まいの御自宅にハチに
巣作りされてしまったという
わけではなく,事情により
空き家状態となってしまって
いるお宅にハチに巣作りされて
しまっている!

ということでご連絡頂きました。

それは一戸建て住宅の二階
最上部軒下部分に巣作りされて
おり,ハチの巣はかなり巨大化!

スズメバチの巣!

巣は直径50㎝程はある!

実はそんな蜂の巣があるのは
少し前からお気付きになられて
いたのですが,そのまま放置。

すると,時が経過すればするほど
巣はどんどんと巨大化していき
そして巣へ出入りするハチの
数もかなり増加し辺りでは
ハチが飛び回りかなり危険な
状況になってしまったので
駆除をご検討することと
なったのでした。

ハチの種類はスズメバチの
中でも地域的に判断し最も
凶暴でそして最も巣を巨大化し
ハチの総数も最も増加させる
キイロスズメバチ!

キイロスズメバチに関しては
ハチの中でも桁違いにハチの
数が増加し最大級では総数は
数千匹に達し,そして巣の
大きさも軽く50㎝以上に
巨大化させていくのです。

そして最も凶暴と言っても
過言ではないのでかなり
要注意なスズメバチになります。

生息域は限られていますが
一度標的となってしまうと
一日でも早く発見しておき
そして一日でも早く駆除を
行っておかないとかなり
危険な状況に陥ってしまう
のは必然になります。

ですのでキイロに巣作り
されているのを発見なさった
際は一刻も早く駆除を実施
しておくことが重要です。

そして今回は屋外の軒下に
巣作りされておりましたが
キイロスズメバチに関しては
かなりの確率で屋内側つまり
屋根裏内や床下,壁内部などに
巣作りしやすいハチなのです。

知らず知らずのうちに
屋内側に侵入され巣作りされ
巣は巨大化していくのです。

屋根裏内などに侵入されると
なかなか発見が困難になるので
どうしても気付きにくく
なってしまうのです。

屋内側に巣作りする場合は
必ず屋外側の通気口や
軒下の隙間などから出入り
しますのでそんな状況を発見
なさった際はその時点ですぐに
駆除をご検討頂くことが重要です。

迅速に御対応。

現場に到着するなりすぐに
それと判断出来ました!

空き家物件の頭上二階軒下
最上部に巨大な巣!

キイロスズメバチ!

キイロスズメバチ駆除高所

かなり頻繁に巣へスズメバチが
出入りしているのでハチの
総数も桁違いに増加!

状況から判断し駆除作業は
かなり困難でしたが
駆除実施。

高所となりましたので
慎重に巣に最接近。

キイロスズメバチの巣駆除高所

大多数の戻りバチに注意を
払いつつ,巣の内部に一気に
薬剤注入!

やはりキイロスズメバチなので
かなり攻撃を受けます!

しばらく格闘し巣の内部の
スズメバチを駆除出来た
ところで巣を少しずつ撤去。

そしてここからは巣に戻って来る
多数の戻りバチを地道に退治。

巣の撤去,戻りバチの駆除を
地道に行っていると辺りは
真っ暗闇に。

なんとか戻りバチを駆除し
巣も跡形なく完全に除去完了。

キイロスズメバチの巣完全除去

巣の内部を確認しますと
成虫だけで1000匹近くに
達しており,まだまだ幼虫も
サナギも多数!

キイロスズメバチの巣内部

時期的に内部には新女王蜂の
幼虫の姿も多数。

キイロスズメバチ新女王蜂

あと数週間後には新たな
女王蜂が誕生していた
ことでしょう。

念のため軒下全域には
まんべんなく薬剤散布し
残留処理実施し,全ての
スズメバチ駆除作業の完了。

今回は時期的に巣はかなり
巨大化していましたが,キイロ
スズメバチに関しては本当に
あっという間に巣は巨大化し
ハチの総数も桁違いに増大
していきますのでもしも巣作り
されているのを発見なさった
際はすぐに対処しておく
ことが重要です。





2021年9月28日(火)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府八尾市在住の男性。

集合住宅にお住まいなのですが
その敷地内に植えられている
生け垣内部にハチに巣作り
されてしまった!

ということでご連絡頂きました。

ハチの種類はスズメバチ。

巣の大きさは恐らく
バレーボール大。

つい最近に集合住宅にお住まいの
方が該当の生け垣付近を通り
掛かった際,なんと大きなハチが
生け垣内部に出入りしている
のを発見!

まさかと思い,恐る恐る内部を
確認してみるとそこには
立派なスズメバチの巣が
あったのでかなり驚かれた
のでした。

今回巣作りしていたのは
スズメバチの中でも種類は
コガタスズメバチ。

コガタスズメバチに関しては
今回のように生け垣内部や
植木,植え込み内部などに
よく巣作りするタイプの
スズメバチになります。

軒下などにも営巣するのですが
かなりの確率で植木や植え込み
内部に巣作りを行います。

植木や植え込み内部に巣作り
されてしまうとなかなか発見が
困難になり,どうしても巣が
巨大化,ハチの総数もかなり
増加してしまうことと
なってしまうのです。

そしてかなりの確率で刺されて
しまうポイントでもあります。

内部に巣作りされている
ことに気付かず,植木や
植え込みの剪定などを開始して
しまい,巣に振動を与えハチを
刺激してしまい,一気に襲われ
刺されてしまうことがあるのです。

過去には剪定バサミが巣に直撃
してしまい,多数のスズメバチに
襲われ体中の複数箇所刺され
即医療機関に搬送されたという
お客様もおられたほどです。

ですので植木や生け垣内部にも
スズメバチに巣作りされてしまう
ポイントということをご理解
頂き,剪定などなさる際は
必ず事前に蜂の巣が無いか
ハチが出入りしていないか
どうかをよく確認してから
行って頂くことが重要です。

今回は幸いそういった状況では
なくスズメバチの巣を発見
出来たのでまだ良かったのです。

コガタスズメバチに関しては
スズメバチの中でも比較的
大人しいタイプなのですが
営巣箇所から考えるとかなり
危険なスズメバチと言えるので
かなり要注意となります。

早急に駆除にお伺い。

現場にて該当の生け垣を確認
しますとそれはやはり
コガタスズメバチの巣!

スズメバチ駆除生け垣内部

巣はかなり成長しており
直径25㎝以上に成長。

かなり頻繁に巣へ出入り!

生け垣の枝を複雑に巻き込む
形で巣作り!

状況が把握出来ましたので
駆除実施。

慎重に巣に最接近。

スズメバチの巣駆除生け垣内部

タイミングを見計らい
一気に巣の内部に薬剤注入!

しばらく格闘し現時点で内部に
いるスズメバチたちを全て駆除。

全て駆除出来たところで
巣も跡形なく完全に撤去。

スズメバチの巣完全撤去

ここからは巣に戻って来る
多数のスズメバチを地道に
捕獲駆除実施。

巣の内部を確認しますと
4層に成長しており成虫だけで
軽く200匹以上!

スズメバチの巣内部

この時期以降はスズメバチに
関してはハチの総数が桁違いに
増加してくる時期なのです。

念のためその他の生け垣内部
なども調査させて頂き,他では
巣作りされていないことを確認。

最終的に戻りバチをほぼ全て
駆除出来たところで全ての
スズメバチ駆除作業の完了。

これでようやく安心して
頂くことが出来そうです。

今回のように生け垣内部や
植木内部というのも
スズメバチに巣作りされて
しまうポイントとなるので
敷地内に存在する場合は
十分注意が必要です。

そして夏から秋頃にかけて
剪定などなさる際は必ず
事前にハチが出入りして
いないかどうかをよく確認
してから行って頂く様
お願い致します。





2021年8月3日(火)

駆除の御依頼を頂きましたのは
とある不動産会社様。

管理されているマンション敷地内の
植え込み内部にハチに巣作りされて
しまったということでご連絡
頂きました。

そんな蜂の巣を発見なさる
きっかけとなったのが敷地内の
清掃作業をしていた清掃員の方が
ハチに刺されてしまったのが
きっかけだったのです!

該当の植え込み周辺も清掃作業を
行っていたところ、なんと突然
植え込み辺りからハチが飛び出し
一瞬のうちに襲われ刺されて
しまったのです!

恐らく清掃の際に巣近辺の
植え込みに接触してしまい
巣に振動が伝わりハチに刺激を
与えてしまったのです。

幸いすぐに手当てなさったため
大事には至りませんでした。

ハチの種類は詳しくお聴きした
結果、アシナガバチで間違いなし。

巣の大きさは植え込み内部のため
把握出来ず。

今回のケースのように植え込み
内部というのもアシナガバチに
巣作りされてしまうポイントと
なり、そして刺される確率の高い
ポイントでもあります。

今回のように巣作りされている
ことに気付かずに最接近して
しまったり、植木、植え込みの
剪定などを開始してしまい、一気に
襲われ刺されてしまうという
事態がよく発生するのです。

過去には剪定バサミが蜂の巣に
直撃してしまい、大群のハチに
襲われ全身を刺されてしまい即
医療機関に搬送されたという
お客様もおられたほどです。

植木や植え込み内部には
アシナガバチのみならず
スズメバチも種類によっては
よく巣作りを行いますので
十分注意が必要です。

既に被害が発生してしまっている
状況なので迅速に駆除にお伺い。

現場は大阪府八尾市。

現場にて該当の植え込みを確認
しますと、アシナガバチの巣!

アシナガバチ駆除植え込み

植え込み内部に潜める形で巣作り
されており、巣の大きさは
テニスボール大。

アシナガバチの巣駆除植え込み

すると、なんとすぐ側の植え込み
内部にも巣作りされていたのです!

同種のアシナガバチでこちらは
握りこぶし大に成長!

ハチの総数も多数!

双方の巣は位置的に判断し
関連性のあるアシナガバチの巣。

やはり植え込み内部に巣作りされて
しまうと、なかなか発見は困難に
なります。

状況が把握出来ましたので
駆除実施。

慎重に該当箇所に最接近。

まずは一気に薬剤散布で双方の
巣にいるアシナガバチたちを
全て即効で駆除。

駆除出来たところで巣の全容を
確認しますと、枝に絡み付ける
形で巣作り。

アシナガバチの巣駆除植え込み

双方共に跡形なく完全に撤去。

死骸も全て回収。

ここからは巣に戻ってくる
戻りバチたちを地道に捕獲駆除。

念のためマンション敷地内その他の
植え込み内部等も細部まで調査。

すると・・・

なんとその他の植え込み内部にも!

アシナガバチ駆除植え込み

同種のアシナガバチが巣作り
していたのです!

こちらもよく覗き込まないと
なかなか発見が困難な箇所。

巣は握りこぶし大に成長。

アシナガバチの巣駆除植え込み

そして更に!

別箇所の植え込み内部にも!

アシナガバチの巣駆除植え込み

敷地内植え込み内部がかなり
標的となっていたのです。

それぞれ慎重に巣に最接近し
一気に薬剤散布でアシナガバチ
駆除後、巣も完全に撤去。

引き続きその他の箇所も調査。

結果、何とか現時点では他では
巣作りされていないことを確認。

最終的に全ての巣の戻りバチを
ほぼ退治出来たところで全ての
アシナガバチ駆除作業の完了。

アシナガバチの巣駆除多数

これでようやく安心して清掃作業を
行って頂くことが出来そうです。

今回のケースのように植え込み
内部というのもアシナガバチに
巣作りされてしまうポイントとなり
内部に巣作りされてしまうと
なかなか発見が困難なので
十分注意が必要です。

植え込みのお手入れなどなさる際は
事前にハチが内部へ出入りして
いないかどうかをよく確認してから
行って頂くことが重要です。





2021年5月16日(日)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府八尾市在住の女性。

御自宅玄関先に植えられている
植木部分にハチに巣作りされて
いるのを発見してしまった!

ということでご連絡頂きました。

ハチの種類は詳しくお聴きした
結果、スズメバチ。

そんな蜂の巣を発見するきっかけと
なったのが近辺の植木の剪定を
行っていた時のこと。

順調に切り進めていたところ
ふと該当の植木に目を向けると
なんと一匹の大きなハチの姿!

たまたまかと思っていたらなんと
そのハチは植木内部へ!

しばらく経っても出てこなかった
のでまさかと思い、植木内部を
入念に確認。

するとなんとそこには
見たこともない奇妙な物体が!

そしてそちらへとハチが出入り
していたので蜂の巣であると
理解したのでした。

しかし今回はそちらの該当の植木を
剪定する前に異変を察知することが
出来て良かったのです。

もしも巣作りされている事に
気付かずに剪定を行っていて
しまえばハチを刺激し一気に
襲われていた可能性があった
からです。

毎年そのような状況で刺されて
しまわれる方が数多くおられるので
植木内部というのもハチの営巣箇所
であるということをご理解頂き
春先から秋ごろにかけての間に
植木などの剪定を行う際は事前に
ハチが内部へ出入りしていないか
どうかをよく点検してから行って
頂く様お願い致します。

今回巣作りしていたのはスズメバチの
中でもコガタスズメバチだったの
ですがこのスズメバチに関しては
植木内部にかなりの確率で巣作りを
行うハチになります。

そしてこの時期の初期の段階では
巣は独特な形状をしておりよく
見かける真ん丸のスズメバチの巣
ではなく、先端が筒状に伸びている
トックリを逆さにしたような独特な
形状なのです。

この時期のまだ巣の内部から
働き蜂が一匹も誕生していない
女王蜂が一匹のみの状況では
上記のような形状になります。

そして時期が経過し働き蜂たちが
続々と誕生してくると先端部は
切り落とされ通常の真ん丸の
スズメバチの巣へと変化
していくのです。

ですのでこの時期に御自宅敷地内
にてそのようや奇妙な物体を発見
した際はそれはスズメバチの巣
なのでその時点ですぐに駆除を
ご検討頂くことが重要です。

植木の剪定を再開して頂く
ためにも迅速にお伺い。

現場にて該当の植木を確認。

ただ一見しただけではなかなか
発見することが困難な植木内部。

コガタスズメバチ駆除植木

内部を確認しますとありました!

やはりコガタスズメバチの巣!

初期の段階の巣で独特な形状。

コガタスズメバチの巣駆除植木

この時期は女王蜂自ら餌を捕獲
しになどで頻繁に出掛けますので
もしも留守にしている場合は
帰りを待つことになります。

早速駆除実施で内部に一気に
薬剤注入!

するとタイミングよく
いてくれました!

逃さず退治し、巣も跡形なく
完全に撤去完了。

スズメバチの巣撤去植木

念のため植木内部には残留処理。

巣の内部を確認しますとまだ
全てが卵状態で
一匹も幼虫にも孵化しておらず。

コガタスズメバチの巣内部

これでこちらの巣に関しては
完全に駆除完了ということです。

念のため敷地内全域の各箇所も
細部まで調査し他では巣作り
されていないことを確認出来ました
ので全てのスズメバチ駆除作業の
完了となりました。

これで安心して剪定を再開して
頂くことが出来そうです。

今回のケースのように植木や
植え込みというのはコガタスズメバチ
が好んで巣作りを行いますので
剪定などなさる際は十分ご注意
頂く様お願い致します。





2020年6月21日(日)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府八尾市在住の女性。

御自宅二階ベランダの頭上雨避け
屋根部分にハチに巣作りされてしまった
ということでご連絡頂きました。

そちらのベランダではほぼ毎日のように
洗濯物を干していたのですがそんな
蜂の巣には全く気付けなかった。

つい最近になり頭上を行き来する
ハチの姿を確認。

突然のことに驚きつつも、ハチの
行く先を追ってみたところ、なんと
そこには蜂の巣があったのでした。

普段洗濯物を干しているだけでは
なかなか頭上の屋根部分を見上げる
ことなどなく、そしてその営巣箇所
というのが少し死角となっていたので
なかなか気付けなかったのです。

ハチの種類は詳しくお聴きした結果
アシナガバチで間違いなし。

巣の大きさは直径5cm前後で巣には
数匹のハチの姿がある。

時期的に巣の内部の幼虫たちが複数
羽化しており、巣に対してのハチの
総数が増加している状況なのです。

ほんの1、2週間程前まではまだ巣の
内部の幼虫たちがほぼ羽化していない
状況だったので巣に対してのハチの
総数は女王蜂一匹のみだったのですが
つい最近になり幼虫が次々と羽化
し出しているので働き蜂が複数誕生
しているというわけです。

女王蜂が一匹のみで巣作りや子育てを
行っているときはサイクルは最も
遅いのですが、働き蜂たちが誕生
し出すと多数で巣作りなどを行って
いくことになるのでそれだけサイクルは
速くなっていってしまうのです。

ですのでこの時期以降に蜂の巣を
発見なさった場合は出来る限り
その時点ですぐに駆除をご検討頂く
ことが重要でございます。

ベランダの雨避け屋根部分というのも
アシナガバチの標的となりやすいので
ベランダへ出た際は頭上を見上げ
隅々まで点検しておくことが重要です。

洗濯物を干すのに支障が出てしまって
いる状況なので迅速に御対応。

現場にて該当のベランダを確認しますと
やはりアシナガバチの巣。

雨避け屋根の少し死角となる箇所に
巣作りされており、巣のサイズは
直径5~6cm程。

アシナガバチ駆除雨避け屋根

巣には複数のアシナガバチ。

やはり巣の内部の幼虫たちが続々と
羽化しているようです。

状況が把握出来ましたので駆除。

慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除雨避け屋根

一気に薬剤散布で現時点で巣にいる
アシナガバチたちを全て駆除。

そして巣も跡形なく完全に除去。

アシナガバチの巣完全除去

念のためベランダ全域には薬剤を
まんべんなく散布し残留処理。

巣の内部を確認しますとまだまだ
幼虫もサナギ状態のものも多数だった
ので今後更にハチの数は増加して
いっていたことでしょう。

アシナガバチの巣内部

ここからは巣に戻ってくる戻りバチを
地道にその都度駆除実施。

そして敷地内その他の箇所全域も
細部まで調査し他では巣作りされて
いないことを確認出来ましたので
全てのアシナガバチ駆除作業の完了。

これで安心して洗濯物を干して頂く
ことが出来そうです。

今回のケースのようにベランダ頭上
雨避け屋根部分というのもアシナガバチ
の標的となりやすい箇所なので
ベランダへ出た際は定期的に頭上を
見上げて頂き、隅々まで点検を行って
頂くことが重要です。





2020年5月22日(金)

駆除の御依頼を頂きましたのは
とある不動産管理会社様。

管理されている一戸建て物件の
大家様より連絡が入り,物件の
二階ベランダにて多数のハチが
飛び回り,洗濯物を干すのにも
かなり支障が出てしまっている
状況だということでした。

そのハチたちは物凄い羽音で
そして一般に連想する蜂の巣を
作っているというわけではなく
ベランダの雨避け屋根の支柱部分に
穴を開け,出入りしているということ。

実はそんな状況は昨年にも発生
していたのですが,今年も再度そんな
状況になり,そして昨年よりも状況は
悪化していたので,弊社に御連絡
頂いたのでした。

ハチの種類はクマバチ。

クマバチに関してはアシナガバチや
スズメバチと習性が異なり,よく見る
蜂の巣を作り上げていくことは無く
樹木や朽ちかけた木部内部に穴を
掘り進め,内部にて子育てを行う
という少し変わった習性になります。

ですので樹木など全く影響の無い箇所に
巣作りされれば何の問題も無いのですが
住宅の軒や今回のようなベランダの柱
などが標的となってしまうとかなり
厄介な状況に陥ってしまうのです。

木部内部に穴を掘り進め,内部を空洞
状態にしてしまうため,それだけ強度が
低下してしまうこととなるのです。

そして更に厄介なのがアシナガバチや
スズメバチの場合,その巣に関しては
一年限りで活動は終了するのですが
クマバチに関しては数年に渡って
同一箇所で生活し,そして次々と新たに
穴を掘り進めてしまうことになるので
放置していると,どんどんと状況は悪化
してしまうことになるのです。

クマバチはハチの中でも大人しく
人を襲うこともほぼ無く,そして花の
受粉などで必要不可欠なハチなのですが
営巣箇所の観点から考えまして一度
標的となるとかなり厄介なハチだと
言えるでしょう。

ハチのシロアリバージョンと言えます。

ですのでもしも御自宅住居の柱などが
標的となってしまった場合はその時点で
すぐに駆除を実施しておくことを
おススメ致します。

過去には一戸建て住宅の全域の軒下など
合計100箇所以上穴を開けられ,かなり
とんでもない状況に陥ってしまった
お客様宅もあったほどなので,決して
軽く考えない方が良いでしょう。

迅速に駆除にお伺い。

現場は大阪府八尾市。

該当のベランダの状況を確認。

窓を開けた瞬間,すぐに状況は
把握出来ました。

物凄い羽音っ!!

クマバチ特有の羽音!

クマバチに関してはハチの中でも
羽音が大きいのでかなり恐怖に
感じることでしょう。

ベランダの足元を確認したところ
木くずがかなり多数!

現時点でもかなり穴を掘り進めて
いることが確認出来ます。

そして頭上の柱を確認しますと
かなり厄介な状況に!

クマバチ駆除ベランダ柱

多数穴が開けられ,とんでもない
状況に陥っていたのです。

クマバチ駆除ベランダ柱

それは頭上の柱部分全域に渡り
それぞれの穴内部にクマバチが出入り!

ここにも!

クマバチ駆除ベランダ柱

そこにも!

クマバチ巣駆除柱

あちらにも!

クマバチ巣駆除柱

一ヶ所ずつ駆除実施。

内部に薬剤注入し,クマバチ駆除。

そして戻りバチもその都度
捕獲し退治。

調査の結果,計15ヶ所に渡り
穴が開けられておりました。

それぞれ全て閉鎖実施。

クマバチ巣穴閉鎖


クマバチ巣穴閉鎖

念のためベランダ全域の細部まで
調査させて頂くと,なんとベランダ頭上
雨避け屋根の片隅にはアシナガバチ
にも巣作りされていたのです。

アシナガバチに関してはこの時期
女王蜂が一匹のみで巣作りを開始
している時期で,まだ巣の内部の
幼虫たちは羽化していないので
働き蜂は誕生しておらず,巣に対して
女王蜂が一匹のみの状況になります。

今回の巣も幼虫はかなり成長して
いましたが,巣に対して女王蜂が一匹
のみの状況でした。

アシナガバチ巣駆除雨避け屋根

合わせて駆除となり慎重に巣に最接近。

一気に薬剤散布でアシナガバチ駆除後
巣も跡形なく完全に除去。

その他の箇所では現段階では巣作り
されていないことを確認出来ましたので
全てのハチ駆除作業の完了。

クマバチ駆除多数

今回のケースのようにアシナガバチ
などに巣作りされても問題なのですが
クマバチに関しても住宅が標的となって
しまうとかなり厄介な状況に陥って
しまいますので要注意となります。

クマバチに関しては一年限りで終了する
ということはほぼございませんので
柱などにハチが穴を開け,内部に侵入
しているのを発見なさった際は必ず
その時点で駆除をご検討頂く様
お願い致します。





2020年5月12日(火)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府八尾市在住の女性。

御自宅二階ベランダにて洗濯物を
干している際,ふと一匹のハチの
姿を確認!

するとそのハチはなんとエアコン室外機の
真裏辺りへと侵入していった!

たまたまかと思っていたら,そのハチは
全く出てこなかったのでまさかと思い
恐る恐る室外機裏辺りを確認してみると
なんとそこには蜂の巣があった!

こういうことだったのです。

ハチの種類は詳しくお聴きした結果
アシナガバチで間違いなし。

巣の大きさは初期サイズの
直径3㎝程。

巣には一匹のみのアシナガバチ。

そんな蜂の巣を発見してしまったので
ベランダにて洗濯物を干すことにも
影響が出てしまったのでした。

ですがまだ春先のこの時期に早期に
蜂の巣を発見出来て今回のお客様は
不幸中の幸いだったのです。

この時期はまだ昨年の段階で周辺にて
巣作りされていた巣から最終的に誕生した
新女王蜂が冬眠から目覚め,新たに
それぞれが一匹のみで巣作りを開始
している時期なのです。

ですのでまだ巣に対してハチの数が
一匹のみで巣も初期サイズの直径
5㎝未満なので危険性は最も低く
抑えられている状況なのです。

これがもしも異変に気付くことなく
発見がひと月も遅れていれば,巣は
それなりに大きくなり,そして巣の
内部の幼虫たちが続々と羽化し
働き蜂がかなり誕生してしまうことと
なるのでそれだけ危険性が高くなって
しまうというわけです。

ですので蜂の巣に関しては
この春先の時期にどれだけ早期に
発見し駆除出来るかで状況は大きく
変化してしまうこととなるのです。

過去に敷地内にてアシナガバチに巣作り
されたことのあるご家庭はもちろんのこと
お隣様などご近所にて巣作りされたことが
あるとお聴きになられた方は特に
敷地内全域の点検を春先頃からは
定期的に実施しておくことが重要です。

アシナガバチに関しては周辺が活発な
活動地域となっている場合は敷地内にて
毎年のように巣作りされてしまうという
事態がよく発生致しますので注意が
必要になります。

営巣箇所によっては対象のお宅様には
何の影響も無くてもお隣様などご近所様に
かなり影響が出てしまうこともあるため
そんな観点からも要注意となります。

洗濯物を干せない状況なので
迅速に御対応。

該当のベランダを確認。

するとアシナガバチの巣で間違いなく
室外機裏の壁面部分に巣作り。

アシナガバチ駆除ベランダ

巣は初期サイズ。

ですが現時点ではアシナガバチの
姿は無し。

アシナガバチの巣駆除ベランダ

まだ働き蜂が一匹も誕生していない
この時期というのは女王蜂自ら巣作り
及び子育てを行っている段階なので
幼虫に与える餌などを捕獲するため
頻繁に巣を離れるのです。

ですので現時点では巣を留守に
しているということです。

この巣にハチがいない段階で
巣のみを払い落として駆除を実施
してしまう方もおられるのですが
それでは全く完全な駆除は出来て
いないのです。

その女王蜂は必ずこちらへ戻って来て
巣が無いことに一瞬は戸惑うのですが
すぐに何事もなかったかのように
同一箇所あるいは近辺に巣作りを開始
してしまうことがこの時期は特に発生
してしまうので要注意です。

ですので女王蜂の帰りを待つことに。

しばらくすると・・・

来ました,一匹のアシナガバチ。

こちらがこの巣の主である女王蜂。

アシナガバチ駆除女王蜂

このタイミングが絶好となるので
駆除実施。

慎重に巣に最接近し一気に薬剤散布で
アシナガバチ駆除後,巣も跡形なく除去。

これでこちらの巣に関しては
完全に駆除完了ということです。

巣の内部を確認しますとやはり数匹が
幼虫に孵化している状況でした。

アシナガバチの巣内部

念のためベランダ全域には薬剤散布に
よる残留処理実施。

そして敷地内全域の調査も実施。

細部まで全て調査させて頂いた結果
他では現時点では巣作りされていない
ことを確認出来ましたので全ての
アシナガバチ駆除作業の完了。

今回の巣に関しては完全に駆除出来て
おりますので問題無いのですが
アシナガバチに関してはいつ何時
敷地内が標的となるか分かりませんので
今後も定期的に全域の点検を行って
頂くことが重要になります。

そして巣作りされてしまったとしても
今回のように早期に発見しその時点で
すぐに駆除を実施しておくことが重要です。





2020年4月26日(日)

駆除のご相談を頂きましたのは
大阪府八尾市在住の女性。

なんとお部屋の中にハチが侵入しており
籠城している!

お部屋に入ることが出来ない!

ということで緊急のご連絡を
頂いたのでした。

そのハチは突然姿を現した。

前日までは間違いなくおらず,そして
お部屋の窓も完全に閉め切られた状態で
ドアも閉め切られた状態・・・

正に密室状態だったのです。

一体何処から現れたのか?

謎と恐怖で満ち溢れた状況だったので
ご連絡頂いたのでした。

ハチの種類は詳しくお聴きした結果
アシナガバチで間違いなし。

この時期というのはこのような事態が
よく発生することがあるのです。

いつの間にか室内にハチがいる!

それはアシナガバチでもスズメバチでも
ミツバチでも発生します。

ミツバチに関しては少し状況が変わって
きますのでこちらでは割愛させて頂きます。

アシナガバチやスズメバチの場合は
3月後半から4月にかけて前年度に最終的に
誕生した新女王蜂たちが冬眠から目覚める
時期になり,その冬眠箇所というのが
温かい箇所の一戸建て屋根裏内など
であることが多いのです。

アシナガバチやスズメバチの場合は
シーズン最終の12月頃になるとほとんどが
巣から全てのハチが飛び立ち,新女王蜂
のみが冬眠に入るのです。

その冬眠箇所が一般家庭の屋根裏内など
であることがあるということです。

近年では暖冬の影響もあり巣を飛び
立たずそのまま巣にて冬眠に入っている
ケースもありますが,基本的には全ての
ハチが巣を飛び立ちます。

その屋根裏内にて冬眠していた新女王蜂
が冬眠から目覚め,元々侵入して来た
通風口などから屋外へ飛び立つのが通常
なのですが稀に室内から漏れている明かりを
屋外と勘違いしてしまい,室内に侵入して
きてしまうことがあるのです。

ですので窓など閉め切った状態なのに
いつの間にかお部屋の中にハチの姿が
あるということになるのです。

ということは必ず屋根裏内から室内に
ハチなら侵入出来てしまう隙間などが
存在する可能性が高いということです。

今回のお客様宅もそのような状況である
可能性が高いので室内の調査が
重要になって参ります。

お部屋に入られない状況なので
迅速にお伺い。

まずは室内の状況の確認。

室内に侵入してしまったアシナガバチの
駆除から実施。

隅々まで調査した結果,いました。

アシナガバチ。

窓際の足元に。

アシナガバチ駆除室内

新女王蜂でまちがいなし。

その他の箇所も調査しましたが
どうやら一匹のみの様子。

申し訳ないのですが捕獲駆除。

ここからは侵入口の調査。

こちらのお部屋は和室だったのですが
比較的和室の方がこういった事態が
発生しやすく,天井や壁面などにハチなら
容易に侵入してしまう隙間が発生している
ことが多いのでそういった箇所から屋外と
勘違いし侵入してきてしまうという
わけです。

念のため屋根裏内も確認。

室内の位置的に考えて恐らく屋外から
侵入してきていたのであればこちらの
通気口から侵入していた可能性。

周辺をよく調査した結果
その他のアシナガバチの姿は無し。

すると・・・

屋根裏内へと上がる押し入れ内の天井
開口部分に僅かな隙間を確認。

アシナガバチ侵入口天井

今回はこちらから室内へと侵入してきた
可能性が考えられました。

今後のためにも完全に閉鎖。

アシナガバチ侵入口閉鎖

これでこちらから室内へと侵入される
ことは防止出来ました。

室内のその他の箇所全域も調査させて
頂き,他では問題無いことを確認出来ました
ので念のため,敷地内屋外の全域も調査。

アシナガバチに関して最も重要である
エアコン室外機も全て調査。

アシナガバチ巣調査室外機

そしてガス給湯器や軒下など。

全て調査させて頂き,その都度
薬剤散布で残留処理。

結果,敷地内では新たに巣作りされている
ことは無かったので全てのアシナガバチ
駆除作業の完了となりました。

今回は恐らく屋根裏内にて冬眠していた
アシナガバチの女王蜂が冬眠から目覚め
誤って室内に侵入してしまったという
案件でしたが,ということはやはり周辺が
活発なアシナガバチの活動エリアとなって
いるということは確かなので,いつ何時
敷地内にて巣作りされるか分からないので
今後も定期的に全域の点検を行っていく
ことが重要になります。





八尾市内ハチの巣駆除レポート

お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ